<   2008年 02月 ( 25 )   > この月の画像一覧

お知らせ

皆様こんにちは
整体院 湧泉(ゆうせん)です。

大変申し訳ございませんが、本日はこれより出張施療のため

・通常のブログ記事更新は休ませていただきます。



ご不便をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

記事へのメッセージなどもいただいて、更新を楽しみにされている方におきましても、よろしくお願いいたします。

ご質問がございましたらお気軽にどうぞ。 (^^)/
いつもの日記はこちらのブログです。
http://cplus.if-n.biz/5000286/

ホームページはこちらです。
http://www.yusen.jp/index.html
[PR]
by today_ohi | 2008-02-29 08:14 | 湧泉 | Comments(0)

ストレッチだけではなく… 2

皆様こんにちは
整体院 湧泉(ゆうせん)です。

昨日の続きです。

スポーツで動くと言うことは、部分が単独で出来ることではなく全体の動きを統合しなければなりません。
そして、よりしなやかに動いていく。
そのための補助として、ストレッチを(私は)位置づけています。
稽古の方向としては、ストレッチで各部の動きをよくしていくと同時に、動きを伴った運動も行い、そのスポーツに即した動きを理想に近づけていく。

文章で書くと理屈っぽく感じますが、下記のような形でどなたも自然にやっていることだと思います。

1.プレーする

2.身体の硬さが気になる

3.ストレッチを取り入れる

4.よりよいプレーが可能になる


ややもすれば、ストレッチの柔軟性向上に熱中してしまい、当初の目的である“プレーの向上”を忘れがちになってしまいます。

ストレッチがしっかり出来る40代に対して、ろくに身体が伸びない10代を比べたときに、ストレッチでは、
「若いのに身体が硬いね~」
と優越感を感じても、いざ動いてみれば、

「身体はあんなに硬かったのに…」

と、若い人のしなやかな身体に驚くことも多々あります。


クールダウンとしてストレッチを考えた場合には、しっかりと伸ばして「ああ、気持ちいい」でかまわないと思います。

しかし、運動(種目)の補助として考えた場合には、“特定の方向によく伸びる”が目標ではなく、そういった特性を使って、より(運動の)目的にかなった動きに活かされなければならないと考えています。


ご質問がございましたらお気軽にどうぞ。 (^^)/
いつもの日記はこちらのブログです。
http://cplus.if-n.biz/5000286/

ホームページはこちらです。
http://www.yusen.jp/index.html
[PR]
by today_ohi | 2008-02-27 07:33 | 湧泉 | Comments(0)

ストレッチだけではなく…

皆様こんにちは
整体院 湧泉(ゆうせん)です。

ストレッチで筋肉や関節に付随する腱や靱帯などに柔軟性を与えていきます。
よくアップさせていただいている内容ですが、更にもう一歩進めて考えてみたいと思います。

基本的にはストレッチには動きはありません。
そこで、自然とストレッチ後に腕を回したり、腰を動かしたりしていませんでしょうか。
ストレッチのポーズは伸びる方向が決まっています。
実際のスポーツや日常生活ではランダムに身体が動きます。

特に加齢と共に気をつけなければならないのは、日常の運動でよくストレッチをしているポーズや方向にはしっかり伸びますが、そうでない方向にはまるで動かない。
ご自身は柔らかい・しなやかなつもりでも、外から見ると、

・固い
・ギクシャクしている


といったことはありがちなことです。

(決まった方向に)よく伸びる



まんべんなくよく動く

は違いがある
と思います。

関連したことを次回にアップしたいと思います。


ご質問がございましたらお気軽にどうぞ。 (^^)/
いつもの日記はこちらのブログです。
http://cplus.if-n.biz/5000286/

ホームページはこちらです。
http://www.yusen.jp/index.html
[PR]
by today_ohi | 2008-02-26 11:50 | 湧泉 | Comments(0)

こんな施療をしています

皆様こんにちは
整体院 湧泉(ゆうせん)です。

“お客様のことを一番に考えています”、良く聞かれるフレーズです。
湧泉(ゆうせん)でも同じように考えています。

その一端として、お客様を自分のところだけに抱え込もうとしないようにしています。
せっかく来ていただいたお客様なので、自分のところだけを見て欲しいとは思いますが、お客様の状態に合わせて自分の施療スタイル以外にも、考えられる物があればお話しするようにしています。
冷えを訴えるお客様がいらっしゃれば、自分の冷えに対する施療もいたしますが、運動や“暖か系”の施療の紹介、漢方薬局の情報なども話しています。

先日も、腰の痛みと下肢への強い痛みを訴えるお客様がお見えになりました。
普通は施療を行い、様子を見てと言うところでしょうけれどお話を伺っていると、いつも通っているところでもあまり良くならず、今回は様子がいつもと違うと言うことです。
取りあえずの施療はいたしましたが、経緯を伺ってお医者様の受診を勧めました。
その方は外科に行かれたのですが、腰椎の軟骨がすり減って現在は痛み止めの注射をしているそうです。
湧泉(ゆうせん)には痛みの強いときに来て、かばって歩くため他の場所の疲労や、“そう、そこです”といった場所の施療をさせていただいてます。

コリ、ハリ、痛み、だるさなど、お身体に不安があるときはいつでもご来院、ご連絡ください。
施療前、施療しながら、施療後にお茶を飲みながらなど、湧泉(ゆうせん)でどのようなことをするのか? といった説明もしますが、あまたある各種施療の特徴などを踏まえてお話しさせていただいています。

※私は診断、判断、決定などができる資格を持っていないので、各種療法の特徴などは話せますが指示などはできません。
ご理解をよろしくお願いいたします。


ご質問がございましたらお気軽にどうぞ。 (^^)/
いつもの日記はこちらのブログです。
http://cplus.if-n.biz/5000286/

ホームページはこちらです。
http://www.yusen.jp/index.html
[PR]
by today_ohi | 2008-02-25 08:05 | 湧泉 | Comments(0)

お茶菓子です

皆様こんにちは
整体院 湧泉(ゆうせん)です。

先日、施療後のお茶請けに新しいお菓子を買ってきました。
ヒエログリフのようですが(笑)、「源氏物語」と銘のあるお菓子です。

お楽しみください。
ご来院をお待ちしております。
d0019406_4172098.jpg



ご質問がございましたらお気軽にどうぞ。 (^^)/
いつもの日記はこちらのブログです。
http://cplus.if-n.biz/5000286/

ホームページはこちらです。
http://www.yusen.jp/index.html
[PR]
by today_ohi | 2008-02-24 04:17 | 湧泉 | Comments(0)

BGMあれこれ

皆様こんにちは
整体院 湧泉(ゆうせん)です。

CDを施療院のBGMにしております。
クラシック(バロック)をメインにして、各種民族音楽、ジャズ、ポップス、ハードロック、その他…、先日はその他に書いておいた“特殊なCD”が久しぶりに出動です。

今回は、

「TWIN BEST タイムボカン 名曲の夕べ 」

でした。

アニソンの演奏活動をしている女性ボーカルの方がご来院。
バンド構成やライブの様子など楽しいお話や、昨今話題の「ヤッターマン」のオープニングについてお話を伺いました。

「“天才ドロンボー(小原乃梨子,八奈見乗児,立壁和也) ”を聴きながら整体を受けることが出来るのは、日本中でもおそらく当施療院だけです」

と自慢させていただきました(笑)。
~♪(*´○`)o¶~♪~♪フンフン
m(_ _)m


ご質問がございましたらお気軽にどうぞ。 (^^)/
いつもの日記はこちらのブログです。
http://cplus.if-n.biz/5000286/

ホームページはこちらです。
http://www.yusen.jp/index.html
[PR]
by today_ohi | 2008-02-23 06:16 | 湧泉 | Comments(0)

スピーカー交換

皆様こんにちは
整体院 湧泉(ゆうせん)です。

水曜日には時間を見て、施療院のスピーカーを交換いたしました。
今までのスピーカーも良い音を出してくれていましたが、更に立体感のあるサウンドとクリアーな高音が流れます。
スピーカーの能力からしたら、もう少しボリュームを上げて聞かなければ“鳴らない”感じがします。
その点がスピーカーに申し訳ないし、ちょっと寂しい。

それでも大型のスピーカーによって、施療院の中が音楽に包まれるようです。
癒し効果もアップ?
少し自画自賛が過ぎるようですが(笑)、ご来院の際はBGMも楽しみにしてください。

d0019406_3553295.jpg

↑左側が新しいスピーカー。大きいです。

d0019406_3561974.jpg

↑セット完了。ウッディーな感じが施療院のカラーと馴染んでいます。


ご質問がございましたらお気軽にどうぞ。 (^^)/
いつもの日記はこちらのブログです。
http://cplus.if-n.biz/5000286/

ホームページはこちらです。
http://www.yusen.jp/index.html
[PR]
by today_ohi | 2008-02-22 03:59 | 湧泉 | Comments(0)

一緒に頑張りたいです

皆様こんにちは
整体院 湧泉(ゆうせん)です。

肩の調子が思わしくないとお話しになるお客様がいらっしゃいます。
遠方の方なので、月1回の施療を設定して後はご自宅での体操。
コツコツ続けられておられるので、施療の度に少しずつですが状況はよくなっています。

月に1回、ランナーでもある方なので身体の調整と一緒に施療させていただいています。
最初は調子のよくない方の腕は上がらず、うつ伏せでも腕は頭の横ではなく、身体に沿って後に置いていました。
葯5~6回の施療で腕が上がるようになり、10回弱の施療で

「日常生活にはほとんど支障ありません」


と話してくださいました。
うつ伏せでの施療も左右の手が同じように頭の横に置かれています。
シャツを着たり、脱いだりが辛いとお話しになっていたのが、今では気にならなくなり取りあえずの目標は達成できたと喜ばれています。

座っていただいて腕を回旋してみると、よく動くようになりましたが明らかな左右差があります。
今少しの運動が必要ではないでしょうか?

施療する側も笑顔を見せていただけると、つい他の部分の施療を考えてしまいます。
しかし、お互いにここで満足せずもう少し一緒に頑張っていきましょう!


ご質問がございましたらお気軽にどうぞ。 (^^)/
いつもの日記はこちらのブログです。
http://cplus.if-n.biz/5000286/

ホームページはこちらです。
http://www.yusen.jp/index.html
[PR]
by today_ohi | 2008-02-20 05:25 | 湧泉 | Comments(0)

才能について考えました

皆様こんにちは
整体院 湧泉(ゆうせん)です。

私の知人にダイビングのインストラクターがいます。
週末になると、指導やダイビングショップのツアーなどで真鶴辺りを中心に潜っているそうです。

大きなアワビやサザエが沢山いますと話してくれました。
伊勢エビなども岩の間から触角を出しているそうです。
タイやヒラメも見るし、場合によってはアンコウも深海から上がってくるときがあるそうです。
何とも美味しそうな話。
しかし、禁漁区で漁業権がないと捕れないし、しょっちゅう見回りにきていますと補足説明をしてくれました。
そうですよね、夏になると必ずテレビ局で無法ダイバーvs地元漁協が放送されていますね。

それにしても目の前に美味しいものが沢山あるのは辛くないかと尋ねました。
水族館の帰りは寿司屋に行くんだ!!!
話題はダイビング中に見かける“海の生き物”から“海産物”に話が移っています(爆)。

「私は海のものがあまり好きではないので、美味しそうとは思いません。アジの群れを見てもビジュアルとして感激しますがそれだけです(笑)」

中日の落合監督が選手時代に、「地味な練習をコツコツと飽きずに続けられるのも才能だ」と話していた(正確ではないけれど意味はこのような感じ)ことを思い出しました。

体重制限のあるスポーツでも美味しいものに目がない人など、○○はダメといったものにストレスから欲求不満が高まったりもします。
ダイビングをする能力といったものもあると思いますが、それとは別に法律に抵触する心配がないことも立派な才能、適正ではないでしょうか。

たわいもない雑談でしたが、ふと考え込んでしまいました。
(。-`ω-)ンー


ご質問がございましたらお気軽にどうぞ。 (^^)/
いつもの日記はこちらのブログです。
http://cplus.if-n.biz/5000286/

ホームページはこちらです。
http://www.yusen.jp/index.html
[PR]
by today_ohi | 2008-02-19 12:01 | 湧泉 | Comments(0)

こんな施療をしています

皆様こんにちは
整体院 湧泉(ゆうせん)です。

昨日の内容と関連するのですが…。
力仕事で下肢と腰部が疲れているからと、訴えるお客様がご来院いたしました。
具体的な状況について伺っていると、数日前から肩も痛くなってきたとお話しになります。

・肘を曲げて走るときのように腰に添えて、前後に振っても痛くない
・腕を上げようとすると、ちょっと動かしただけでも痛い
・肩関節の中というよりは、後側の肩胛骨の上部と肩関節の間が一番痛い

下肢と腰部のハリについては、骨格調整を含む通常の施療でかなり軽減したと喜ばれました。
肩関節については、痛みだして間がないこと、痛みも比較的強いことなどを考慮して、取りあえずはアイシングの方法や、早い機会を作ってお医者様の受診を勧めました。

肩関節は施療しませんでした。
しかし、そのままでも辛そうだったので肩には触れませんでしたが、周辺の筋肉の緊張をほぐしてリラックスしていただきました。
施療後に様子を尋ねると、やはり肩は痛みがあるとお話しになります。
何もしていないので当たり前のことなのですが、それでも多少は軽く感じられるということでした。
試しに腕を上げてみましょうと話して、ご自分でおそるおそる上げていけば、どんどん上がります。
本人も驚いた顔で、痛みがない! と話しています。
両手で奇麗にバンザイが出来るまで上がり、お客様も満足そうでした。

この場合は肩の痛みもあるけれど、その痛みを感じたくないために周囲の筋肉がどんどん緊張して固くなってしまった。
その為に動かせば痛くなる→余計力が入る、といった悪循環になってしまったのではないかと考察いたしました。
お客様にはそのようなことと、

・あまり痛みも感じないで動いたので、心理的な緊張もほぐれたでしょうから、普通に暮らしていれば更に動くようになるかもしれない
・今、このときだけのリラックスであって、何かの拍子で緊張が強まれば、また痛み始めるかもしれない

といった両方の可能性を話しました。
また、

「いずれにせよ、肩が痛くなった遠因や原因については未解決なので、お医者様に診ていただてください

と最後に付け加えて終了いたしました。

緊張の緩和で驚くような結果が出るときもありますが、それが全てではありません。
色々な可能性を視野に入れて施療させていただいています。



ご質問がございましたらお気軽にどうぞ。 (^^)/
いつもの日記はこちらのブログです。
http://cplus.if-n.biz/5000286/

ホームページはこちらです。
http://www.yusen.jp/index.html
[PR]
by today_ohi | 2008-02-18 07:38 | 湧泉 | Comments(0)