<   2015年 04月 ( 17 )   > この月の画像一覧

東洋医学の臓腑について考える 7 ーまとめ(脾・胃)ー

所用のため、
28日(火)は、
・施療時間は、通常通り
・日記更新をお休みいたします

ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。


◆◇ブログ割引◇◆
60分¥4,980  40分¥3,500
登録などのご面倒な手続きはいりません
・「ブログ見た」でOK!
価格の理由は以下で解説しています
・PC版:ここをクリック  / ・携帯版:ここをクリック

☆★エキテン!口コミ★☆
PC版:ここをクリック/携帯版:ここをクリック/スマホ版:ここをクリック

☆★ホットペッパービューティー 口コミ☆★
http://beauty.hotpepper.jp/kr/slnH000193382/review/

★☆お客様の声☆★
PC版:ここをクリック携帯版:ここをクリック

☆電 話:03(3774)7139
☆メールはこちらをクリック:info@yusen.jp

☆コリ・ハリ・○○痛の緩和以外にも、心と体のリラックス、ストレッチ・筋トレ指導なども承っております。

皆様こんにちは
整体院 湧泉(ゆうせん)です。

東洋医学が考える各臓腑の働きを加えてまとめて行きたいと思います。
これが全てではありませんが、興味を持たれるきっかけになれば幸いです。

※西洋医学的な常識とは大きく異なる所もありますが、東洋医学独自の考え方として参考にしてください。臓腑の名称・機能は全て東洋医学としての考えかたです
※東洋医学では臓腑をペア(表裏の関係)で考えているので、アップは2つ1組で行っていく予定

(臓)


胃(東洋医学的な)と非常に密接に関連しています。また、『胃・小腸・脾』は一組として、飲食物の消化吸収、全身への運搬などをおこないます。

機能
・飲食物より抽出された『精(栄養物質)』を全身に運搬する
・津液(しんえき、体内の水分の総称)を全身に運搬する
・血を調整する


全身に栄養分と水分を送ることを主な仕事としています。そのため機能が充実すると立派な体型を作り、肌肉(きにく)に潤いが生じます。機能が衰えると腹部膨満、食欲不振、むくみなどが生じます。
血の調整も行っているため、機能の衰えは血色不良や各種の出血異常を起こします。また、精が全身にまわらなくなるため四肢の力が弱くなったり、体が痩せたりします。
『思(慮)』の感情は脾と結びつき、過度の『落ち込み』は脾を傷つけるとしています。


(腑)


脾(東洋医学的な)と非常に密接に関連しています。ときには胃と小腸を一体化して考え、飲食物を消化(熟成)するだけでなく有用・不要の選別までをおこなうと考えます。

飲食物は必ず胃の作用を受けなければ消化(熟成)されません。そのため、胃の機能の衰えは全身のエネルギ−不足を招き、他の臓腑などに重大な影響を与えると考えています。
胃と脾は機能的な関連を直接もち、共同しないとお互いの仕事が進まない。そこから、胃や食欲に対する実感を以下のように説明しています。
・胃が弱ると→食欲はあるが胃がもたれる
・脾が弱ると→空腹感はあるが食が進まない


ご質問がございましたらお気軽にどうぞ。 (^^)/

*・゜゜・*:.。..。.:*・゜・*:.。. .。.:*・゜゜・**・゜゜・**:.。..。.:*・゜・*:.。. .。.:*
☆“いつもの日記”はこちらのブログです
http://cplus.if-n.biz/5000286/
☆Twilog(ツイログ)はこちら
http://twilog.org/sunamusi100
☆メールは“いつもの日記”ブログの下記URLのページから送信できます。
http://cplus.if-n.biz/5000286/party/1568?sid=c9564f745b76e9c4d5801704a590f979
☆携帯メールは“いつもの日記”ブログの下記URLのぺーじから送信できます。
http://cplus.if-n.biz/m/blog.php?post_cmd=article&post_blogdir=5000286&post_eid=1709
☆ホームページはこちらです。
http://www.yusen.jp/

(マッサージではなく整体です)
[PR]
by today_ohi | 2015-04-27 06:12 | 湧泉 | Comments(0)

東洋医学の臓腑について考える 6 ーまとめ(肺・大腸)ー

◆◇ブログ割引◇◆
60分¥4,980  40分¥3,500
登録などのご面倒な手続きはいりません
・「ブログ見た」でOK!
価格の理由は以下で解説しています
・PC版:ここをクリック  / ・携帯版:ここをクリック

☆★エキテン!口コミ★☆
PC版:ここをクリック/携帯版:ここをクリック/スマホ版:ここをクリック

☆★ホットペッパービューティー 口コミ☆★
http://beauty.hotpepper.jp/kr/slnH000193382/review/

★☆お客様の声☆★
PC版:ここをクリック携帯版:ここをクリック

☆電 話:03(3774)7139
☆メールはこちらをクリック:info@yusen.jp

☆コリ・ハリ・○○痛の緩和以外にも、心と体のリラックス、ストレッチ・筋トレ指導なども承っております。

皆様こんにちは
整体院 湧泉(ゆうせん)です。

お知らせ
明日(26日:日)は、合気道道場餅つき大会のため、
☆施療開始時間は、17時半からになります
・準備その他のため、日記更新はお休みになります




前回までのアップに、東洋医学が考える各臓腑の働きを加えてまとめて行きたいと思います。
※西洋医学的な常識とは大きく異なる所もありますが、東洋医学独自の考え方として参考にしてください。臓腑の名称・機能は全て東洋医学としての考えかたです。
※東洋医学では臓腑をペア(表裏の関係)で考えているので、アップは2つ1組で行っていく予定。

(臓)

東洋医学の『肺』は西洋医学でいう『肺』とは違って、鼻や喉も含めた呼吸作用全般に関係するものを意味します。

機能
・人体の血液の循環を調節し気血を調整する
・五臓の働きを調和させる
・『天の気』を生成する
・ 陽気(天の気)を肌と臓腑の表面に分布させ、外邪の侵入を防止する


肺は全身の皮膚や毛との関連が深いと考えられています。
そのため皮毛の異常は肺の異常を推測します。
『悲(憂)』の感情は肺と結びつき、強い悲しみは肺を傷つけると考えられています。


大腸(腑)

小腸が分別した飲食物の残渣からさらに水分を吸収し、残りの固形分を体外に排出します。

・東洋医学では『肺』とペアを組んでいると考えています。そのため『肺』の異常はしばしば大腸の異常を誘発するとしています

例:
カゼの時にお腹の調子が悪くなるのは、東洋医学では原因の一つとして肺と大腸の表裏の関係を考えます。
カゼにより肺が傷ついた(呼吸関係にダメ−ジがある→『肺』に異常がある)ので、大腸も異常を示す(便秘・下痢)。

ご質問がございましたらお気軽にどうぞ。 (^^)/

*・゜゜・*:.。..。.:*・゜・*:.。. .。.:*・゜゜・**・゜゜・**:.。..。.:*・゜・*:.。. .。.:*
☆“いつもの日記”はこちらのブログです
http://cplus.if-n.biz/5000286/
☆Twilog(ツイログ)はこちら
http://twilog.org/sunamusi100
☆メールは“いつもの日記”ブログの下記URLのページから送信できます。
http://cplus.if-n.biz/5000286/party/1568?sid=c9564f745b76e9c4d5801704a590f979
☆携帯メールは“いつもの日記”ブログの下記URLのぺーじから送信できます。
http://cplus.if-n.biz/m/blog.php?post_cmd=article&post_blogdir=5000286&post_eid=1709
☆ホームページはこちらです。
http://www.yusen.jp/

(マッサージではなく整体です)
[PR]
by today_ohi | 2015-04-25 06:29 | 湧泉 | Comments(0)

東洋医学の考え方5 -感情との対応-

◆◇ブログ割引◇◆
60分¥4,980  40分¥3,500
登録などのご面倒な手続きはいりません
・「ブログ見た」でOK!
価格の理由は以下で解説しています
・PC版:ここをクリック  / ・携帯版:ここをクリック

☆★エキテン!口コミ★☆
PC版:ここをクリック/携帯版:ここをクリック/スマホ版:ここをクリック

☆★ホットペッパービューティー 口コミ☆★
http://beauty.hotpepper.jp/kr/slnH000193382/review/

★☆お客様の声☆★
PC版:ここをクリック携帯版:ここをクリック

☆電 話:03(3774)7139
☆メールはこちらをクリック:info@yusen.jp

☆コリ・ハリ・○○痛の緩和以外にも、心と体のリラックス、ストレッチ・筋トレ指導なども承っております。

皆様こんにちは
整体院 湧泉(ゆうせん)です。

先日(19日)は、五臓と肉体との関係を書きました。
本日は五臓と感情の関係をアップしたいと思います。

・肝 : 怒
・心 : 喜(笑)
・脾 : 思(慮)
・肺 : 悲(憂)
・腎 : 恐


上記のように、五臓には対応する感情があります。
怒、喜(笑)、思(慮)、悲、恐の五種の感情を五志(ごし)と言います。

五臓は五志を生じます。
しかし、これらの感情の激しい変化や、長期に亘る継続は逆に五臓を傷つけると考えています。
また、五臓が弱まるとそれぞれの感情も弱くなります。

例:
・心(気)が弱くなれば喜の感情も弱くなり、笑顔も少なくなっていく
日常生活の中で感情や、精神状態の推移を知ることにより、五臓の状態や負担が推測できます。

また、五志を怒、喜、笑、思、慮、悲、恐の七つにして「七情(しちじょう)」とし、それぞれの激しい変化や長期にわたる継続は、内側から体調を崩していく(臓腑を傷つける)要因としています。

☆精神状態と肉体の調子を、ストレートに結びつけています。
つまり、感情の起伏でも肉体的な調子がおかしくなるし、肉体的な疲弊も感情に影響を及ぼすと考えました。
紀元前後ぐらいに成立したとされる東洋医学ですが、このような優れた洞察力が現在でも機能している数少ない伝統医療たる所以だと思います。

五臓と関係するものは、まだいくつか残っていますが、次回はここまでを一度まとめてみたいと思います。

ご質問がございましたらお気軽にどうぞ。 (^^)/

*・゜゜・*:.。..。.:*・゜・*:.。. .。.:*・゜゜・**・゜゜・**:.。..。.:*・゜・*:.。. .。.:*
☆“いつもの日記”はこちらのブログです
http://cplus.if-n.biz/5000286/
☆Twilog(ツイログ)はこちら
http://twilog.org/sunamusi100
☆メールは“いつもの日記”ブログの下記URLのページから送信できます。
http://cplus.if-n.biz/5000286/party/1568?sid=c9564f745b76e9c4d5801704a590f979
☆携帯メールは“いつもの日記”ブログの下記URLのぺーじから送信できます。
http://cplus.if-n.biz/m/blog.php?post_cmd=article&post_blogdir=5000286&post_eid=1709
☆ホームページはこちらです。
http://www.yusen.jp/

(マッサージではなく整体です)
[PR]
by today_ohi | 2015-04-24 06:23 | 湧泉 | Comments(0)

明日(22日:水)の予定です

◆◇ブログ割引◇◆
60分¥4,980  40分¥3,500
登録などのご面倒な手続きはいりません
・「ブログ見た」でOK!
価格の理由は以下で解説しています
・PC版:ここをクリック  / ・携帯版:ここをクリック

☆★エキテン!口コミ★☆
PC版:ここをクリック/携帯版:ここをクリック/スマホ版:ここをクリック

☆★ホットペッパービューティー 口コミ☆★
http://beauty.hotpepper.jp/kr/slnH000193382/review/

★☆お客様の声☆★
PC版:ここをクリック携帯版:ここをクリック

☆電 話:03(3774)7139
☆メールはこちらをクリック:info@yusen.jp

☆コリ・ハリ・○○痛の緩和以外にも、心と体のリラックス、ストレッチ・筋トレ指導なども承っております。

皆様こんにちは
整体院 湧泉(ゆうせん)です。

所用のため、
22日(水):
☆施療は、13時半からになります

☆準備その他のため、通常の日記更新は、お休みになります

よろしくお願いいたします。

ご質問がございましたらお気軽にどうぞ。 (^^)/

*・゜゜・*:.。..。.:*・゜・*:.。. .。.:*・゜゜・**・゜゜・**:.。..。.:*・゜・*:.。. .。.:*
☆“いつもの日記”はこちらのブログです
http://cplus.if-n.biz/5000286/
☆Twilog(ツイログ)はこちら
http://twilog.org/sunamusi100
☆メールは“いつもの日記”ブログの下記URLのページから送信できます。
http://cplus.if-n.biz/5000286/party/1568?sid=c9564f745b76e9c4d5801704a590f979
☆携帯メールは“いつもの日記”ブログの下記URLのぺーじから送信できます。
http://cplus.if-n.biz/m/blog.php?post_cmd=article&post_blogdir=5000286&post_eid=1709
☆ホームページはこちらです。
http://www.yusen.jp/

(マッサージではなく整体です)
[PR]
by today_ohi | 2015-04-21 10:34 | 湧泉 | Comments(0)

東洋医学の考え方4 -担当部門があります-

◆◇ブログ割引◇◆
60分¥4,980  40分¥3,500
登録などのご面倒な手続きはいりません
・「ブログ見た」でOK!
価格の理由は以下で解説しています
・PC版:ここをクリック  / ・携帯版:ここをクリック

☆★エキテン!口コミ★☆
PC版:ここをクリック/携帯版:ここをクリック/スマホ版:ここをクリック

☆★ホットペッパービューティー 口コミ☆★
http://beauty.hotpepper.jp/kr/slnH000193382/review/

★☆お客様の声☆★
PC版:ここをクリック携帯版:ここをクリック

☆電 話:03(3774)7139
☆メールはこちらをクリック:info@yusen.jp

☆コリ・ハリ・○○痛の緩和以外にも、心と体のリラックス、ストレッチ・筋トレ指導なども承っております。

皆様こんにちは
整体院 湧泉(ゆうせん)です。

東洋医学では臓器を代謝だけではなく、身体を形作るものやメンタルな働きなど、それぞれが分担して機能していると考えています。

五臓(六臓)は“表裏の関係(相互に影響し合うペア)”を、五腑(六腑)と組んでいます。
さらに、五臓は

・肝 : 筋(すじ…神経・腱・筋膜)
・心 : 血管
・脾 : 肌肉(きにく…太い・細いなど肉付きに関与)
・肺 : 皮毛
・腎 : 骨


を管理していると考えます。
以上のように、五臓が身体各所を個別(基本的には)に担当しているので、痩せたり、太ったりしているときは“脾”の調子を考え、骨が弱くなったりなどの異常を感じれば“腎”の調子、肌の調子が悪ければ肺の働きを助ける。
などが、施療の目安にもなっております。

東洋医学の面白いところは、内臓(五臓)が司る働きを更にふくらませて、性格のようなものを考えていることです。
更にその性質は、肉体的、精神的なものに留まらず、味覚、季節、自然現象などとの対応まで発展しています。
対応の一覧が作成され、五行の色体表、あるいは五行の配当表と呼ばれ、経験的に納得できる対応になっているのが興味の尽きないところでもあります。

※今回アップした身体各部との対応は「五臓と五体(五主)」と呼ばれています。

ご質問がございましたらお気軽にどうぞ。 (^^)/

*・゜゜・*:.。..。.:*・゜・*:.。. .。.:*・゜゜・**・゜゜・**:.。..。.:*・゜・*:.。. .。.:*
☆“いつもの日記”はこちらのブログです
http://cplus.if-n.biz/5000286/
☆Twilog(ツイログ)はこちら
http://twilog.org/sunamusi100
☆メールは“いつもの日記”ブログの下記URLのページから送信できます。
http://cplus.if-n.biz/5000286/party/1568?sid=c9564f745b76e9c4d5801704a590f979
☆携帯メールは“いつもの日記”ブログの下記URLのぺーじから送信できます。
http://cplus.if-n.biz/m/blog.php?post_cmd=article&post_blogdir=5000286&post_eid=1709
☆ホームページはこちらです。
http://www.yusen.jp/

(マッサージではなく整体です)
[PR]
by today_ohi | 2015-04-19 07:34 | 湧泉 | Comments(0)

本日(18日)の予定です

◆◇ブログ割引◇◆
60分¥4,980  40分¥3,500
登録などのご面倒な手続きはいりません
・「ブログ見た」でOK!
価格の理由は以下で解説しています
・PC版:ここをクリック  / ・携帯版:ここをクリック

☆★エキテン!口コミ★☆
PC版:ここをクリック/携帯版:ここをクリック/スマホ版:ここをクリック

☆★ホットペッパービューティー 口コミ☆★
http://beauty.hotpepper.jp/kr/slnH000193382/review/

★☆お客様の声☆★
PC版:ここをクリック携帯版:ここをクリック

☆電 話:03(3774)7139
☆メールはこちらをクリック:info@yusen.jp

☆コリ・ハリ・○○痛の緩和以外にも、心と体のリラックス、ストレッチ・筋トレ指導なども承っております。

皆様こんにちは
整体院 湧泉(ゆうせん)です。

本日(18日:土)は所用のため、

☆施療は14時からになります
・いつもの日記は更新いたします


ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

ご質問がございましたらお気軽にどうぞ。 (^^)/

*・゜゜・*:.。..。.:*・゜・*:.。. .。.:*・゜゜・**・゜゜・**:.。..。.:*・゜・*:.。. .。.:*
☆“いつもの日記”はこちらのブログです
http://cplus.if-n.biz/5000286/
☆Twilog(ツイログ)はこちら
http://twilog.org/sunamusi100
☆メールは“いつもの日記”ブログの下記URLのページから送信できます。
http://cplus.if-n.biz/5000286/party/1568?sid=c9564f745b76e9c4d5801704a590f979
☆携帯メールは“いつもの日記”ブログの下記URLのぺーじから送信できます。
http://cplus.if-n.biz/m/blog.php?post_cmd=article&post_blogdir=5000286&post_eid=1709
☆ホームページはこちらです。
http://www.yusen.jp/

(マッサージではなく整体です)
[PR]
by today_ohi | 2015-04-18 06:25 | 湧泉 | Comments(0)

東洋医学の考え方3 -表と裏にも分かれるんです-

◆◇ブログ割引◇◆
60分¥4,980  40分¥3,500
登録などのご面倒な手続きはいりません
・「ブログ見た」でOK!
価格の理由は以下で解説しています
・PC版:ここをクリック  / ・携帯版:ここをクリック

☆★エキテン!口コミ★☆
PC版:ここをクリック/携帯版:ここをクリック/スマホ版:ここをクリック

☆★ホットペッパービューティー 口コミ☆★
http://beauty.hotpepper.jp/kr/slnH000193382/review/

★☆お客様の声☆★
PC版:ここをクリック携帯版:ここをクリック

☆電 話:03(3774)7139
☆メールはこちらをクリック:info@yusen.jp

☆コリ・ハリ・○○痛の緩和以外にも、心と体のリラックス、ストレッチ・筋トレ指導なども承っております。

皆様こんにちは
整体院 湧泉(ゆうせん)です。

今回アップするのは、
1.各機関の個別の働きではなく、大きく“臓(ぞう)”と“腑(ふ)”の機能について
2.“表裏(ひょうり)の関係”…臓と腑のペアについて

1.
腑(ふ)
・飲食物など前器官から送られて来たものを変化(消化)させ、次の器官に移動させる袋のようなもの。ペアを組んでいる“臓(ぞう)”の影響を受ける。

臓(ぞう)
・腑(ふ)の働きによって出来たもの(精 せい)を貯蔵し、必要によって送り出す。
・相互に援助し合う(相生 そうじょう)と同時に、牽制・制約(相克 そうこく)している。

臓Aの機能が高まれば、臓Bの働きも助長する(相生 そうじょう)。
しかし、同時に臓Aの機能が高進すれば、臓Cを傷つける(相克 そうこく)。


2.
“腑(ふ)”は臓(ぞう)の影響を受け、臓(ぞう)はお互いに影響し合っています。
その中でも、「表と裏のように密接に関係し合い、離して考えることはしない」とされているペアをを、“表裏(ひょうり)の関係”と呼んでいます。

(肺、大腸)、(脾、胃)、(心、小腸)、(腎、膀胱)、(心包、三焦)、(肝、胆)

以上が、表裏の関係とされているものです。
これは、
・肺の異常は大腸の働きを低下させる
・膀胱の働きがおかしいときは腎の調子を診る
などと考えていきます。

東洋医学の健康観は、各臓器の働きを個別に評価するのではなく、お互いが相互にバランスの取れた状態で機能を発揮している状態を良しとしています。

ご質問がございましたらお気軽にどうぞ。 (^^)/

*・゜゜・*:.。..。.:*・゜・*:.。. .。.:*・゜゜・**・゜゜・**:.。..。.:*・゜・*:.。. .。.:*
☆“いつもの日記”はこちらのブログです
http://cplus.if-n.biz/5000286/
☆Twilog(ツイログ)はこちら
http://twilog.org/sunamusi100
☆メールは“いつもの日記”ブログの下記URLのページから送信できます。
http://cplus.if-n.biz/5000286/party/1568?sid=c9564f745b76e9c4d5801704a590f979
☆携帯メールは“いつもの日記”ブログの下記URLのぺーじから送信できます。
http://cplus.if-n.biz/m/blog.php?post_cmd=article&post_blogdir=5000286&post_eid=1709
☆ホームページはこちらです。
http://www.yusen.jp/

(マッサージではなく整体です)
[PR]
by today_ohi | 2015-04-17 06:25 | 湧泉 | Comments(0)

東洋医学の臓腑について考える3 ー臓と腑に分けるんですー

◆◇ブログ割引◇◆
60分¥4,980  40分¥3,500
登録などのご面倒な手続きはいりません
・「ブログ見た」でOK!
価格の理由は以下で解説しています
・PC版:ここをクリック  / ・携帯版:ここをクリック

☆★エキテン!口コミ★☆
PC版:ここをクリック/携帯版:ここをクリック/スマホ版:ここをクリック

☆★ホットペッパービューティー 口コミ☆★
http://beauty.hotpepper.jp/kr/slnH000193382/review/

★☆お客様の声☆★
PC版:ここをクリック携帯版:ここをクリック

☆電 話:03(3774)7139
☆メールはこちらをクリック:info@yusen.jp

☆コリ・ハリ・○○痛の緩和以外にも、心と体のリラックス、ストレッチ・筋トレ指導なども承っております。

皆様こんにちは
整体院 湧泉(ゆうせん)です。

東洋医学では身体の中の諸器官を“臓(ぞう)”と“腑(ふ)”に分けています。

臓(ぞう) … 肝(かん)、心(しん)、脾(ひ)、肺(はい)、腎(じん)
上記五つに心包(しんぽう)を加えて六個とする考え方もあります。

腑(ふ) … 胆(たん)、小腸(しょうちょう)、三焦(さんしょう)、胃(い)、大腸(だいちょう)、膀胱(ぼうこう)

これで、五臓六腑としています(心包を加えて六臓六腑)。
更に、臓と腑に分けられないものとして、“奇恒の腑(きこうのふ)”があります。

奇恒の腑 … 胆(ここにも入ります)、脳(のう)、髄(ずい)、骨(ほね)、脈(みゃく 血管)、女子胞(じょしほう 子宮)

以上が身体の中にあると考えている諸器官です。
これらには西洋医学で行うような解剖学による実証はありません。
人体が体外に示すいろいろな情報(病気、精神状態、生理的な反応など)から推測し、長い年月の経験や観察などを踏まえて体系化されたと考えられています。

また、東洋医学の特徴として、構成要素が単独に機能しているとは考えずに、精神活動も含めてそれぞれが密接に関係し合いながら(助長と制御)、生命活動が進行してると考えています。そして、気候や生活環境の変化にも影響され、生命体単独としてではなく自然環境の一部として存在しているとされています。

詳細な解説は専門書に譲るとしてここでは、
☆内臓は臓と腑、奇恒の腑に分けられる
☆それぞれ単独に機能せず、臓腑間あるいは身体組織などと密接に影響し合いながら機能している

と考えていただければ良いと思います。

臓と腑の機能的な差などは、次回以降にアップしたいと思います。

ご質問がございましたらお気軽にどうぞ。 (^^)/

*・゜゜・*:.。..。.:*・゜・*:.。. .。.:*・゜゜・**・゜゜・**:.。..。.:*・゜・*:.。. .。.:*
☆“いつもの日記”はこちらのブログです
http://cplus.if-n.biz/5000286/
☆Twilog(ツイログ)はこちら
http://twilog.org/sunamusi100
☆メールは“いつもの日記”ブログの下記URLのページから送信できます。
http://cplus.if-n.biz/5000286/party/1568?sid=c9564f745b76e9c4d5801704a590f979
☆携帯メールは“いつもの日記”ブログの下記URLのぺーじから送信できます。
http://cplus.if-n.biz/m/blog.php?post_cmd=article&post_blogdir=5000286&post_eid=1709
☆ホームページはこちらです。
http://www.yusen.jp/

(マッサージではなく整体です)
[PR]
by today_ohi | 2015-04-15 09:39 | 湧泉 | Comments(0)

東洋医学的春の過ごし方

◆◇ブログ割引◇◆
60分¥4,980  40分¥3,500
登録などのご面倒な手続きはいりません
・「ブログ見た」でOK!
価格の理由は以下で解説しています
・PC版:ここをクリック  / ・携帯版:ここをクリック

☆★エキテン!口コミ★☆
PC版:ここをクリック/携帯版:ここをクリック/スマホ版:ここをクリック

☆★ホットペッパービューティー 口コミ☆★
http://beauty.hotpepper.jp/kr/slnH000193382/review/

★☆お客様の声☆★
PC版:ここをクリック携帯版:ここをクリック

☆電 話:03(3774)7139
☆メールはこちらをクリック:info@yusen.jp

☆コリ・ハリ・○○痛の緩和以外にも、心と体のリラックス、ストレッチ・筋トレ指導なども承っております。

皆様こんにちは
整体院 湧泉(ゆうせん)です。

4月半ばとは言え、今朝は大部冷えました。
寒いと布団から出るのが辛いですが、暖かくなればなったでやはり、布団から出るのは辛いです(笑)。
“春眠暁を覚えず”と、詩にありますが、東洋医学が考えている春の過ごし方を、アップしてみたいと思います。

☆春は、気を生み、育ててゆくことを考える季節

そのためには、

・多少遅く寝てもよいが、朝は早めに起きて散歩などをおこない、春の伸びやかな空気を体内に取り入れる

・髪型・服装などは形をゆるめ、全体をゆったりと自由にする

・やる気を起こし、のびのびと成長させる

・やる気は抑えつけてはならない

・成長に役立つものは全て取り入れる。制限してはならない


などを、要点として暮らしていくのが春気に対する適応法とされています。
気が旺盛になっていく季節なので、気持ちを無理に抑えつけると気が滞り、体調を壊す要因の一つになります。
俗に言う“木の芽時”も、気が身体の中で、上手く動かないで滞ってしまったために生じるバランスの悪さのため、とも考えています。

春は身体の中でも気の動きが盛んになっていく季節です。
冬の守りとは違ってきます。
なんとなくぼーっとする季節なので、あまりピリピリしない方がよろしいようです。
少し時間的に早めに出るなど、ゆとりを持ってノビノビ活動したいと思います。


ご質問がございましたらお気軽にどうぞ。 (^^)/

*・゜゜・*:.。..。.:*・゜・*:.。. .。.:*・゜゜・**・゜゜・**:.。..。.:*・゜・*:.。. .。.:*
☆“いつもの日記”はこちらのブログです
http://cplus.if-n.biz/5000286/
☆Twilog(ツイログ)はこちら
http://twilog.org/sunamusi100
☆メールは“いつもの日記”ブログの下記URLのページから送信できます。
http://cplus.if-n.biz/5000286/party/1568?sid=c9564f745b76e9c4d5801704a590f979
☆携帯メールは“いつもの日記”ブログの下記URLのぺーじから送信できます。
http://cplus.if-n.biz/m/blog.php?post_cmd=article&post_blogdir=5000286&post_eid=1709
☆ホームページはこちらです。
http://www.yusen.jp/

(マッサージではなく整体です)
[PR]
by today_ohi | 2015-04-14 10:53 | 湧泉 | Comments(0)

東洋医学の考え方1 内臓の呼称について

◆◇ブログ割引◇◆
60分¥4,980  40分¥3,500
登録などのご面倒な手続きはいりません
・「ブログ見た」でOK!
価格の理由は以下で解説しています
・PC版:ここをクリック  / ・携帯版:ここをクリック

☆★エキテン!口コミ★☆
PC版:ここをクリック/携帯版:ここをクリック/スマホ版:ここをクリック

☆★ホットペッパービューティー 口コミ☆★
http://beauty.hotpepper.jp/kr/slnH000193382/review/

★☆お客様の声☆★
PC版:ここをクリック携帯版:ここをクリック

☆電 話:03(3774)7139
☆メールはこちらをクリック:info@yusen.jp

☆コリ・ハリ・○○痛の緩和以外にも、心と体のリラックス、ストレッチ・筋トレ指導なども承っております。

皆様こんにちは
整体院 湧泉(ゆうせん)です。

お客様の施療中に、ツボの話題から健康上の話に広がっていく場合があります。
その時に、東洋医学の内臓と西洋医学の内臓は違いがあると知らなければ、頭の中が混乱します。

これから何回かに渡って、東洋医学的な“臓腑”の考え方をアップしてみたいと思います。
(過去の記事に加筆修正して再アップいたします)

東洋医学と西洋医学の考え方は違います。
同じ人間の身体を扱っていても、東洋医学と西洋医学では共通点もありますが、大きな隔たりもあります。
人間観察に基づいて成立していった東洋医学は、現代の私達でも感覚的にうなずけるものがあると思いますが、私達の常識は、西洋科学(医学)に基づくものがほとんどなので、首を傾げてしまうことも多々あるでしょう。
体や健康に対する考え方の一つとして、参考にしていただければ幸いです。

最初に押さえておきたいのは、臓腑の呼称問題です。
まずはこの問題をクリアーしていかないと、混乱に拍車がかかってしまいます。
呼称問題を踏まえてから、東洋医学的な臓腑をアップしていきたいと思います。

お客様: 「効く~、そこのツボは何?」
   私: 「肝臓関係です」
お客様: 「肝臓ですか」
   私: 「いえ、東洋医学の“肝の臓”です」
お客様: 「肝臓ではないのですか?」
   私: 「そうです。西洋医学の肝臓ではありません。東洋医学の“肝の臓”です」

お客様:「はああ?」

お客様とお話しさせていただいるときの一場面です。
何故、説明が分かりにくくなってしまうのでしょう?

東洋医学と西洋医学には共通して使われる「専門用語」があります。
内臓の名前だけでなく、血、脈など組織や器官など多岐に渡っています。しかし同じ言葉を使いながら、東洋医学と西洋医学では意味するものが大きく違っています。
どうしてそうなったのか?
歴史的には下記のように考えられています。

西洋医学の原典を翻訳するときに、全く新しい専門用語を作るのではなく、既に東洋医学で使われている言葉を流用した。
そのため一つの名称が、東洋医学と西洋医学の二つの意味を持つようになった。


私達が持っている身体に対する考え方のほとんどは、西洋医学的な知識ですが、、、

☆同じ用語を使っていても、東洋医学の解説や説明を読んだり聞いたリするときには、全く違う理論体系だと考えてください

どちらも、身体の仕組みを解釈するのですが、東西両医では大きな考え方の差もあります。過去にこのような成因があったと覚えていただければ、混乱も少なく東洋医学的な知識に触れられるのではないでしょうか。

ご質問がございましたらお気軽にどうぞ。 (^^)/

*・゜゜・*:.。..。.:*・゜・*:.。. .。.:*・゜゜・**・゜゜・**:.。..。.:*・゜・*:.。. .。.:*
☆“いつもの日記”はこちらのブログです
http://cplus.if-n.biz/5000286/
☆Twilog(ツイログ)はこちら
http://twilog.org/sunamusi100
☆メールは“いつもの日記”ブログの下記URLのページから送信できます。
http://cplus.if-n.biz/5000286/party/1568?sid=c9564f745b76e9c4d5801704a590f979
☆携帯メールは“いつもの日記”ブログの下記URLのぺーじから送信できます。
http://cplus.if-n.biz/m/blog.php?post_cmd=article&post_blogdir=5000286&post_eid=1709
☆ホームページはこちらです。
http://www.yusen.jp/

(マッサージではなく整体です)
[PR]
by today_ohi | 2015-04-13 11:32 | 湧泉 | Comments(0)