<   2009年 12月 ( 25 )   > この月の画像一覧

ありがとうございました

皆様こんにちは
整体院 湧泉(ゆうせん)です。

おかげさまで一年を無事に終わることが出来ました。

12月31日~1月7日

を休業とさせていただきます。
http://cplus.if-n.biz/5000286/img/20091230072822.jpg
店頭に張り出したチラシのリンクです


今年は、地元のお客様だけではなく、関東以外から出張の度にご利用くださるお客様も増え、驚きながら過ごすことが出来ました。
来年は、女性のお客様をメインに考えたネット上のサイトも考えております。

変わらずのご愛顧をお願いいたします。

いつもの日記も、休業中は時間を見ながら不定期にアップさせていただきます。
コメントなど寄せていただいて楽しみにされている方には申し訳ございません。
休み明けには、再び頑張りたいと思いますのでよろしくお願いいたします。


ご質問がございましたらお気軽にどうぞ。 (^^)/

いつもの日記はこちらのブログです。
http://cplus.if-n.biz/5000286/

メールは“いつもの日記”ブログの下記URLのページから送信できます。
http://cplus.if-n.biz/5000286/party/1568?sid=c9564f745b76e9c4d5801704a590f979

携帯メールは“いつもの日記”ブログの下記URLのぺーじから送信できます。
http://cplus.if-n.biz/m/blog.php?post_cmd=article&post_blogdir=5000286&post_eid=1709

ホームページはこちらです。
http://www.yusen.jp/index.html
[PR]
by today_ohi | 2009-12-30 01:30 | 湧泉 | Comments(0)

心が楽しい

皆様こんにちは
整体院 湧泉(ゆうせん)です。

今日からお休みの方も多いのではないでしょうか。
お正月を迎えるこの時期は、忙しくて大変だと思います。
だけど、何となく気持ちがウキウキしていませんか?

数日間の休みに対する仕事の取りまとめだけではなく、会社関係やプライベート両面での大掃除や年賀状、正月の飾り付けなどなど。
同じような忙しさが、普通の月であったら、やる気もなくなってしまうのでしょうけれど、なぜか頑張れる。
休み前の楽しさとはまた一味違う、来年への期待で、胸が膨らみます。
来年はこのような期待感を持って過ごせたら嬉しいと思います。

いつでも心がウキウキしているのは楽しいことです。

安いスピリチュアルでは、“ウキウキ”だけを取り上げていますが、それは逆に結果が出ていない事でもあります。
辛辣に言えば、何かアクションを起こしていますよ、と言っても結果が出ていないから、いつまでも期待感であるウキウキが続くのでしょう
ウキウキしていない現実から、一歩も出ていない。
一種の思考停止です。
ただ、空手形のような理想の状態を待ち望んでいるだけ。

実際に正月休みに入ったら、あとは休日が終わるのを待つだけ。
そして、通常の日々が始まります。
こうであって欲しいと思い描く楽しさと、それを実現させる努力。
スポーツでも根性論は大事ですが、安易な精神主義に走りすぎない。


そんなことを考えながら、一年の反省と来年への期待を考えてみたいですね。


ご質問がございましたらお気軽にどうぞ。 (^^)/

いつもの日記はこちらのブログです。
http://cplus.if-n.biz/5000286/

メールは“いつもの日記”ブログの下記URLのページから送信できます。
http://cplus.if-n.biz/5000286/party/1568?sid=c9564f745b76e9c4d5801704a590f979

携帯メールは“いつもの日記”ブログの下記URLのぺーじから送信できます。
http://cplus.if-n.biz/m/blog.php?post_cmd=article&post_blogdir=5000286&post_eid=1709

ホームページはこちらです。
http://www.yusen.jp/index.html
[PR]
by today_ohi | 2009-12-29 03:45 | 湧泉 | Comments(0)

年末・年始のお知らせ

皆様こんにちは
整体院 湧泉(ゆうせん)です。

お客様からご質問をいただきましたので、アップさせていただきます。
ご挨拶などは30日にアップいたします。

年末・年始の休暇は、

12月31日~1月7日

です。
1月8日からは通常通りの営業となります。
よろしくお願いいたします。


ご質問がございましたらお気軽にどうぞ。 (^^)/

いつもの日記はこちらのブログです。
http://cplus.if-n.biz/5000286/

メールは“いつもの日記”ブログの下記URLのページから送信できます。
http://cplus.if-n.biz/5000286/party/1568?sid=c9564f745b76e9c4d5801704a590f979

携帯メールは“いつもの日記”ブログの下記URLのぺーじから送信できます。
http://cplus.if-n.biz/m/blog.php?post_cmd=article&post_blogdir=5000286&post_eid=1709

ホームページはこちらです。
http://www.yusen.jp/index.html
[PR]
by today_ohi | 2009-12-28 10:11 | 湧泉 | Comments(0)

ブーツの歩き方

皆様こんにちは
整体院 湧泉(ゆうせん)です。

すっかり冷え込んできました。
施療院にもブーツでご来院されるお客様も多くなります。
また、これからの時期は、初詣や新年会など、服装を整えてお出かけになる機会も増えるのではないでしょうか。
ブーツも自然と出番が多くなり、かっちりとしたブーツほど動きにくくありませんか?

お客様からお話しを伺っていると、ブーツを履くことによって、意外に足先が冷えたり、足・腰の痛みを訴える方が多いようです。
ブーツを履くと足首が動きにくくなることと、ロングブーツの場合はヒザの動きも制限されがちです。
そういった不自由さがも、要因の一つになっていると思います。

足が冷えることを予防するには、足全体がよく動くこと。
よく動くことによって、血液・体液の循環が促進され、体幹部で暖められた状態で素早く末端まで到達します。
ブーツを履くことによって動きづらくなることが、血液・体液の循環を妨げ、末端に冷たさを感じさせてしまいます。

そこで、いくつか意識して見たいポイントがあります。
歩くときには、
・踵を地面につけるときに、意識して足首を曲げる=つま先を上げる
ただし、ヒールが細いときは安定が悪く危ないのでご注意ください。、

・足裏が接地して蹴り出すときに、しっかりと親指を意識する

自宅でくつろぐときには、
・足先、ふくらはぎや大腿部をよくマッサージする
この時期ならば、肌荒れ用のクリームを擦り込むときなど、特に念入りに行いたいです。

・ストレッチや簡単な体操を行い、筋肉をよく伸ばす、動かす、リラックスさせる
身体がほぐれれば、血液・体液の循環は促進されます。

以上のようなことが、ご自身で出来るケアとして考えられると思います。
その他、宣伝になりますが、

・整体で関節部や筋群を調整して整えることも、一助になると思います

さらに、ブーツを履いて美しい歩き方など、慣れないと足・腰・背中・肩・首と、負担が全身に出る場合もあるようです。

オシャレは我慢と聞くときもありますが、無理は禁物。
いつでもお待ちしております!


ご質問がございましたらお気軽にどうぞ。 (^^)/

いつもの日記はこちらのブログです。
http://cplus.if-n.biz/5000286/

メールは“いつもの日記”ブログの下記URLのページから送信できます。
http://cplus.if-n.biz/5000286/party/1568?sid=c9564f745b76e9c4d5801704a590f979

携帯メールは“いつもの日記”ブログの下記URLのぺーじから送信できます。
http://cplus.if-n.biz/m/blog.php?post_cmd=article&post_blogdir=5000286&post_eid=1709

ホームページはこちらです。
http://www.yusen.jp/index.html
[PR]
by today_ohi | 2009-12-27 07:09 | 湧泉 | Comments(0)

武道に“燃え、萌え” 45(団体戦は熱いんです!編 7)

皆様こんにちは
整体院 湧泉(ゆうせん)です。

中高年から始める武道として、【不定期連載:武道に“燃え、萌え”】とタイトルして私見を述べさせていただいています。

昨日(25日)の続きです。

自チームのメンバーの特性など、あれこれ考えながらチーム構成を決めていきます。
その中でも、ちょっと後ろ向きなのが、“捨ての大将”と言われている編成です。

どうしても決定力に欠けているメンバーだったり、ギリギリの人数で選択の余地がないときに、一番弱い選手を大将にします。
相手チームの誰とやっても負けることが予想されるのなら、相手チームの一番強いヤツであろう大将に当てて、確実な一敗をしてもらう。
他の自チームのメンバーは、勝てる確立の少しでも多い相手と戦ってもらう。


選ばれた選手の気持ちは複雑ですが、それで腐ってしまうようでは強くなれません。
勝負事の世界ならば、悔しかったら強くなれば良いだけですから。
強くなるには、人よりも多く稽古すれば良いだけのことですから。
これほど簡単なことはないのですが、やはり稽古は辛いです(笑)。

さて、捨ての大将は自チームが勝っているときは、大将戦までに勝負が決まっているので機能する(?)のですが、2-2など互角で来た場合には、大将戦で勝敗が決定するので、やる前から負けが分かってしまいます。
(^_^;)
勝ち上がるごとに、チームオーダーの検討は必要です。

引き分けを狙う、負けてもしょうがないなど、トータルで相手チームよりも勝利数が多くなることを考え、積極的に勝ちを目指さないこと、目指せないことが団体戦にはあります。
それは、個々の勝利だけを考えて勝ち上がる、一度でも負けたらそこでストップの個人戦とは大きく違い、団体のベストメンバーによる総力戦ならではの戦い方だと思います。

一回戦など、弱いチームと当たれば、個人戦のような感覚で、個々が勝利しているだけといった状態です。
そこから勝ち上がって、強いチームしか残っていないような上位戦になれば、チームオーダーの考察から始まり、選手の勝ち負けに応じた現状の理解と次に出る選手の役割、それを受けた、また次に出る選手の頑張り、といった目先の勝利(自分の試合)だけを考えるのではなく、常に全体を考えなければダメなんです。

今まで書いてきたように、団体戦は一人の力では何も出来ない、みんなが自分の果たすべき役割をキチンとこなしてこそ、上位に上がっていける。
そんな一体感は、勝利の喜びを何倍にもしてくれます。

個人戦の勝利は、あくまでも個人の強さが一番の理由ですが、

団体戦の勝利は、そこの団体全体のレベルの高さの証明なんです!

次の試合に出る選手の背中を叩いたり、みんなで円陣を組んで気合いを入れたり、チーム戦ならではの光景は、狙って行っているわけではなく、自然とそうなっていくのです。

そこに、団体戦が個人戦よりも熱くなる理由があると思います!

長々とした持論の展開でしたが、お付き合いありがとうございました。
スポーツ観戦に少しでもお役に立てれば幸いです。


ご質問がございましたらお気軽にどうぞ。 (^^)/

いつもの日記はこちらのブログです。
http://cplus.if-n.biz/5000286/

メールは“いつもの日記”ブログの下記URLのページから送信できます。
http://cplus.if-n.biz/5000286/party/1568?sid=c9564f745b76e9c4d5801704a590f979

携帯メールは“いつもの日記”ブログの下記URLのぺーじから送信できます。
http://cplus.if-n.biz/m/blog.php?post_cmd=article&post_blogdir=5000286&post_eid=1709

ホームページはこちらです。
http://www.yusen.jp/index.html
[PR]
by today_ohi | 2009-12-26 06:33 | 湧泉 | Comments(0)

武道に“燃え、萌え” 44(団体戦は熱いんです!編 6)

皆様こんにちは
整体院 湧泉(ゆうせん)です。

中高年から始める武道として、【不定期連載:武道に“燃え、萌え”】とタイトルして私見を述べさせていただいています。

水曜日(23日)の続きです。

“つぶす”、“止める”と言うのは、相手チームに得点させないこと。
引き分けで十分、あるいは、引き分けでも良しとするか、といった感じです。

団体戦のチーム構成を考えると、先方、中堅、大将には、ポイントゲッターやエースなど、“一勝をを計算できる人”に任されることが多いです。
相手チームのそういった強い選手と、自チームのメンバーを比較して、

・引き分けで十分
明らかに勝つのが難しいときに、負けてしまえば相手に1ポイント入ってしまうので、
「勝てなくても良いから、引き分けてこい」
と言われることがあります。
この場合の引き分けは、相手チームが一勝(1ポイント)を計算している選手に、勝たせなかったのですから、自チームとしては勝ちに等しい引き分けになるのです。

・引き分けでも良しとする
実力が拮抗して、お互いに勝負が一進一退のとき、無理して攻めて負けてしまえば、台無しになるわけです。
消極的な理由になりますが、無理して攻めて負けてしまうのならば、“引き分けでもいいか”、となります。
よくあるシチュエーションとしては、お互いに互角で戦っている後半や、時間間際に焦って攻めて、逆に相手にポイントを取られ負けてしまう。
そんな時に、
「なんであそこで焦って攻めるんだよ!残り時間考えてみろ!!引き分けと負けじゃぁ大きく違うんだ!!!状況を考えて試合をしろ!!!!団体戦の引き分けは負けじゃないんだよーーー!!!!」
と、セッキョーくらうのは確実です(笑)。
まあ、多分に結果論が入っていますが、明らかに無理した攻撃はイケマセン。

このように考えていきます。
特に、最初の“引き分けで十分”と言った考え方が、“つぶす”、“止める”に相当すると思います。
この状況は、引き分けた選手も相手のエースを止めたのですから、
「オレはアイツを止めたぜ!」
となり、しっかりと自分に任せられた仕事を果たしたわけです。
そこで、次に続くメンバーは、それを受けて、
「おう、良くやった!後は任せろよ!!」
と、益々燃えさかるわけです!
この状況で、アイツはしっかりやった、オレだってガッチリ行くぜ!と、熱くならなければ何のためのチーム戦だか分からないし、こういった気持ちの高まり方が、個人戦とは違う団体戦の熱くなるとこなんです!
ハ~ッρ(`O´*)イクゼ!イクゼ!イクゼ~! !

次回は、あまりよろしくない話しも含めて、もう少し続きます。


ご質問がございましたらお気軽にどうぞ。 (^^)/

いつもの日記はこちらのブログです。
http://cplus.if-n.biz/5000286/

メールは“いつもの日記”ブログの下記URLのページから送信できます。
http://cplus.if-n.biz/5000286/party/1568?sid=c9564f745b76e9c4d5801704a590f979

携帯メールは“いつもの日記”ブログの下記URLのぺーじから送信できます。
http://cplus.if-n.biz/m/blog.php?post_cmd=article&post_blogdir=5000286&post_eid=1709

ホームページはこちらです。
http://www.yusen.jp/index.html
[PR]
by today_ohi | 2009-12-25 07:13 | 湧泉 | Comments(0)

武道に“燃え、萌え” 43(団体戦は熱いんです!編 5)

皆様こんにちは
整体院 湧泉(ゆうせん)です。

中高年から始める武道として、【不定期連載:武道に“燃え、萌え”】とタイトルして私見を述べさせていただいています。

月曜日(21日)の続きです。

団体戦のメンバー構成と、相手チームとの兼ね合いについて書いてみました。
前回までに紹介したチーム構成の考え方は、どちらかと言えば直球勝負。
相手に対して、5-0で勝つことを目標にしている状態です。

しかし、現実はそうはいかないです。。。orz
相手チームにもエースはいるし、どう考えてもこちらの方がコマが揃ってないこともあるし。
そこで登場するのが、戦略・戦術です。


団体戦の考え方の有名なエピソードがあります。
昔、中国の王様が家来と賭け事をして遊んでいました。
ルールは、
・馬のレース
・三頭を、一対一で競わせる
・2勝した方が勝ち

勝ったり負けたり、一喜一憂していると、ある部下が
「私の言うとおりにレースをしてください。王様に必ず勝たしてさしあげましょう」
と言ってきました。
必勝法を尋ねれば、

・相手の一番速い馬には、自分の一番遅い馬
・相手の一番遅い馬には、自分の真ん中の速さの馬
・相手の真ん中の速さの馬には、自分の一番速い馬
この組み合わせで走らせれば、最初のレースは負けますが、後の2レ-スは勝てます。
結果、2勝1敗で王様の勝ちになります。

メンバー構成を考えていると、“相手チームのアイツは強いよ。うちのメンバーでは、アイツに勝つのは厳しい”といった場合が多々あります。
勝利する組み合わせではなく(出来るにこしたことはありませんが)、負けることも意識したメンバー構成を考えるわけです。
それには、団体戦のルールが重要になってきます。

私が知っている団体戦では、各個人の戦いの結果に対して、勝ち・負け以外に引き分けがあります。
個人戦のトーナメントでは、どちらかが勝ち抜けないと、上に進めないので、ポイント(有効や技あり、注意など)が互角であれば延長戦を用意して、決着をつけます。
それでも、互角の時には、試合内容を考慮して審判が判定をします。
必ず、どちらかが勝つわけです。

団体戦はそこまでシビアでなく、ポイントが互角であれば、0-0であっても引き分けになります。
これが大変に重要なんです!


つまり、
相手と戦っていてリードしていても、追いつかれたら
・無理して攻め返さないで、引き分けで終わる


相手と戦っていてリードされていても追いついたら
・さらに攻め続けるのではなく、引き分けで終わる


まあ、ここら辺の“どうするか?”は、彼我の実力や、流れの雰囲気などにもよるのですが。
いずれにせよハッキリしているのは、例えば1-1で来ていて、引き分けなら1-1のスコアは変わりませんが、自分が無理して勝負して負けた場合は、1-2になってしまい、自軍はもう一敗も出来なくなるのです。

団体戦の引き分けは負けじゃない!!!


試合の中で、勝っていても、負けていても、一度ポイントが並んだら、その時点で考えなければイケナイ。
この時点で無策にも、ズルズルと相手にポイントを取られて負けてしまったら、強い叱責は免れません。
「てめー、団体戦をどう考えてるんだよーー!引き分けは負けじゃないんだ、ストップさせなきゃダメだろう!!!」

これを強く意識して常に、今、自分はどういう結果を出さなければならないか、自チームのポイントを考慮して試合しなければならない。
また、監督はそれを選手に徹底し、強く指示出来なければいけません。

個人戦と同じ考えで、勝てば良いんでしょ、ではないのです。

そしてもう一つ、上記中国の話しや団体戦のセッキョーに出てきましたが、“つぶす”、“止める”といった考え方があります。
それは、次回以降でアップさせていただきます。

長くなってスイマセン。


ご質問がございましたらお気軽にどうぞ。 (^^)/

いつもの日記はこちらのブログです。
http://cplus.if-n.biz/5000286/

メールは“いつもの日記”ブログの下記URLのページから送信できます。
http://cplus.if-n.biz/5000286/party/1568?sid=c9564f745b76e9c4d5801704a590f979

携帯メールは“いつもの日記”ブログの下記URLのぺーじから送信できます。
http://cplus.if-n.biz/m/blog.php?post_cmd=article&post_blogdir=5000286&post_eid=1709

ホームページはこちらです。
http://www.yusen.jp/index.html
[PR]
by today_ohi | 2009-12-23 07:04 | 湧泉 | Comments(0)

クリスマスですね

皆様こんにちは
整体院 湧泉(ゆうせん)です。

すいません。
せっかくの連載ですが、ちょっと違う話題です。

施療院のお知らせと、団体戦を書いていたら、あっという間にクリスマスイブ目前。
昨年と同じ飾りですが、アップさせてくださいませ。

本人とは、相容れそうもない小さな飾り付け。
光るツリーと、気がつきにくい(笑)モールは、“可愛いぃ”と好評です。
(^_^;)

http://cplus.if-n.biz/5000286/img/20091222111519.jpg
昼間の湧泉(ゆうせん)。
ロゴの前に下がっているモールが分かりますでしょうか


http://cplus.if-n.biz/5000286/img/20091222111539.jpg
ライトアップ・ツリー(^_^)v。
夜はこんな感じ。
よろしくお願いいたします。


例年、クリスマスと整体とつながりがあるのかと考えるのですが、“整体”・“聖体”で、同じ発音つながりということでご勘弁ください。。。orz
毎日、冷え込みが厳しくなりました。
体調の維持管理に留意してお過ごしください。


ご質問がございましたらお気軽にどうぞ。 (^^)/

いつもの日記はこちらのブログです。
http://cplus.if-n.biz/5000286/

メールは“いつもの日記”ブログの下記URLのページから送信できます。
http://cplus.if-n.biz/5000286/party/1568?sid=c9564f745b76e9c4d5801704a590f979

携帯メールは“いつもの日記”ブログの下記URLのぺーじから送信できます。
http://cplus.if-n.biz/m/blog.php?post_cmd=article&post_blogdir=5000286&post_eid=1709

ホームページはこちらです。
http://www.yusen.jp/index.html
[PR]
by today_ohi | 2009-12-22 05:34 | 湧泉 | Comments(0)

武道に“燃え、萌え” 42(団体戦は熱いんです!編 4)

皆様こんにちは
整体院 湧泉(ゆうせん)です。

中高年から始める武道として、【不定期連載:武道に“燃え、萌え”】とタイトルして私見を述べさせていただいています。

昨日(16日)の続きです。
すいません、お待たせいたしました。

前回までに、
・団体戦メンバーの呼称
・出場順番と基本的な役割
・補欠の考え方
などを、アップしてみました。

今回は、“相手との兼ね合い”を考えてみたいと思います。
試合は、彼我チームの理想のオーダーのできばえを競うのではなく、実際に相手と対戦して優劣を競います。
そこで問題になるのは、どんな選手が自チームのメンバーと対戦するのか、です。
相手チームの選手と試合運びをよく見て、どのようなオーダーでくるのか考えなければいけません。

・予想した相手チームに対して、自チームが有利になるようなメンバーを決めていきます

例えば、先方は緊張感に強くてムードメーカー、まず一勝を期待されても固くならずに動ける選手がいいのですが、予想される相手選手が軽量でスピードに勝るようならば、同じようなスタイルの選手では不利になりがちです。
そこで、手足の長い選手をぶつけてみるなど、スピードに体格で対抗してみたり、相手の戦法や試合運びに対抗・対応できる選手や、作戦で望むようにしていきます。
こういった決断、

・△△が来ると予想される。
△△のスタイルを考えれば、自チームからは相性の良さそうな◇◇を出す。


これは、選手ではなく監督の仕事になります。
個人戦ならば、選手個人の強さに頼るところが多いですが、団体戦ではこういった駆け引きや、選手以外の力も必要になります。
チーム戦が燃える要素の一つです!


さらにメンバー決定の要素に加わるのが、選手のスタイルなど、相手との相性といったものだけではなく、“チームとしての作戦”があります。
野球やサッカーのように、全員が加わって動くようなものとは違いますが、やはり勝利のための重要な戦略になります。

続きは次回以降でアップさせていただきます。


ご質問がございましたらお気軽にどうぞ。 (^^)/

いつもの日記はこちらのブログです。
http://cplus.if-n.biz/5000286/

メールは“いつもの日記”ブログの下記URLのページから送信できます。
http://cplus.if-n.biz/5000286/party/1568?sid=c9564f745b76e9c4d5801704a590f979

携帯メールは“いつもの日記”ブログの下記URLのぺーじから送信できます。
http://cplus.if-n.biz/m/blog.php?post_cmd=article&post_blogdir=5000286&post_eid=1709

ホームページはこちらです。
http://www.yusen.jp/index.html
[PR]
by today_ohi | 2009-12-21 05:28 | 湧泉 | Comments(0)

お知らせ

皆様こんにちは
整体院 湧泉(ゆうせん)です。

大変申し訳ございませんが、明日は合気道道場の大掃除と納会出席のため

 臨時休業させていただきます 


ご不便をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

また、朝から出かけるため、通常のブログ更新もお休みさせていただきます。
記事へのメッセージなどもいただいて、更新を楽しみにされている方におきましても、申し訳ございませんがよろしくお願いいたします。

※月曜日は通常通りの営業をさせていただきます。

ご質問がございましたらお気軽にどうぞ。 (^^)/

PCメールはこのブログ内の下記ページから送信できます
http://cplus.if-n.biz/5000286/party/1568?sid=c9564f745b76e9c4d5801704a590f979

携帯メールはこのブログ内の下記ページから送信できます。
http://cplus.if-n.biz/m/blog.php?post_cmd=article&post_blogdir=5000286&post_eid=1709

ホームページはこちらです。
http://www.yusen.jp/index.html

にほんブログ村 健康ブログへブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 健康ブログ 整体へにほんブログ村 アニメブログへ

↑よろしかったらポチっとなのご協力をお願いします。(人´∀`*)☆ミ

「全日本空手道連盟 和道会 空手道 俊和義塾」

高津、下野毛、川崎、世田谷近辺の方が稽古しております。
http://cplus.if-n.biz/5000286/article/0137137.html

・空手道場のページ、携帯の方はこちらから
http://cplus.if-n.biz/m/5000286/article/0137137.html

[PR]
by today_ohi | 2009-12-19 10:44 | 湧泉 | Comments(0)