<   2008年 03月 ( 28 )   > この月の画像一覧

3月26日の続きです

皆様こんにちは
整体院 湧泉(ゆうせん)です。

この日の記事は以下のように締めくくりました。

・・・・・・・添付開始

【注意】
※必ず少しずつ伸ばしてください(一気には持って行かないでください)。

↑大事な考え方なので稿を改めてアップしてみたいと思います。

・・・・・・・添付終了

何故少しづつ伸ばすのか?
一つには、一気に持って行くことによるケガの防止。
もう一つ、ここで訴えたいことは、

「伸ばすと言うことは、別の場所が縮まなければならないから」


です。

例えば、立ち上がった状態で右の体側(たいそく:脇腹)を伸ばそうと思えば、右手を上げて左側に上半身を倒す形が一般的だと思います。
この形を作るためには、左の脇腹や腹筋などが縮む必要があります。
筋肉は縮むときに力が出るので、左側の筋肉には収縮させる力が発生します。
その為、右側の脱力が可能でストレッチがかかるわけです。

一気に伸ばす、強く伸ばす為には左側の筋肉の強い収縮が必要になります。
このときに、身体の状況によっては左側の筋肉がつる可能性があります。

ある部分を伸ばすためには、別の部分に縮む為の力が必要になります。
この理屈が分からないと、伸ばす方にだけ意識が集中して、縮んでいる方が一気につってしまいます。

大きな筋群がつると、もの凄く痛い!

どうしてよいか分からず七転八倒する危険性もあります。
あっと思ったら慌てずに力を抜いて、ゆっくり反対側に戻しましょう。

このような事態を招かないためにも、ご自分身体の調子をよく意識しながら、ゆっくり運動をしてください。


ご質問がございましたらお気軽にどうぞ。 (^^)/
いつもの日記はこちらのブログです。
http://cplus.if-n.biz/5000286/

ホームページはこちらです。
http://www.yusen.jp/index.html
[PR]
by today_ohi | 2008-03-31 05:40 | 湧泉 | Comments(0)

微妙な季節になりました

皆様こんにちは
整体院 湧泉(ゆうせん)です。

日中は随分暖かくなりましたね。
施療中でも気がつけば、汗をふいているときがあります。

この季節には、

お客様の感じる温度と、私が感じる温度の差が大きい

といった問題点があります。

施療院の温度は22~23℃に設定してありますが、日中は運転していないときも。
施療中のお客様はリラックスされているので、身体を動かしている私とは感じる温度は異なります。
私自身が太っているので、つい室温を高く感じてしまうのですがこれからの季節です。

施療中のお身体にはタオルを掛けさせていただいていますが、寒く感じるようならばいつでもお話ください。

・エアコンを運転する
・設定温度を上げる
・お身体に掛けるタオルの枚数を増やす


などの対応をさせていただいています。

体感温度は緊張を緩和するための大きな要素だと考えています。
寒い・暑いなどのご不満があれば遠慮無くお話ください。


ご質問がございましたらお気軽にどうぞ。 (^^)/
いつもの日記はこちらのブログです。
http://cplus.if-n.biz/5000286/

ホームページはこちらです。
http://www.yusen.jp/index.html
[PR]
by today_ohi | 2008-03-30 06:27 | 湧泉 | Comments(0)

春の汗

皆様こんにちは
整体院 湧泉(ゆうせん)です。

春先は気温も上がりますが、雨も降りやすい不安定な日々でもあります。
当然、湿度も高くなり汗をかきやすい。

気温が高ければ汗をかいても、着ているものを脱ぐことで調整が可能だと思いますが、
この時期はすーっと曇ってきたときに、気温が激しく低下するときがあります。

湿度が高く汗ばんだ後だと、あっという間に“冷たい汗”を感じませんか。
また、シャツなどの汗を受けた部分が冷たくなって、身体が冷えていくのを感じませんか。


少し蒸し暑い

少し汗をかく

脱ぐと寒い

汗が冷たく感じられる

再び一枚着ると蒸し暑さを感じる

脱ぐと寒い

上記のような繰り返しになると思います。

「春雨じゃ濡れて行こう~」は気温が高いときに、外側が少しだけ雨に降られる場合。

※気温が低下したときの“冷たい汗”とは違います。


早めのシャツ交換や、脱いだり着たりを繰り返すなど、身体を冷やさない工夫が必要になります。
運動の後ならば、あっという間に汗が冷えて体温が落ちるので、いつまでも汗をかいたままではなく、着替えも素早く行いましょう。

体調を崩しやすい季節でもあるので、暖かい日差しに油断しないで注意してお過ごしください。


ご質問がございましたらお気軽にどうぞ。 (^^)/
いつもの日記はこちらのブログです。
http://cplus.if-n.biz/5000286/

ホームページはこちらです。
http://www.yusen.jp/index.html
[PR]
by today_ohi | 2008-03-29 06:59 | 湧泉 | Comments(0)

ハワイアンでお待ちしています

皆様こんにちは
整体院 湧泉(ゆうせん)です。

先週末からみるみる暖かくなりました。
気温自体を見れば、それほど高くなってはいませんが、春を迎えるこの時期では着ているものも冬仕様であり、温度差には驚いてしまいます。

施療院では、暖かさの実感と日差しの明るさから、まだ早いかなと思いましたが、ハワイアンをBGMにチョイス。

これが意外に好評をいただいております。
今週いっぱいぐらいは、季節の先取りを楽しんでみようと思います。


ご質問がございましたらお気軽にどうぞ。 (^^)/
いつもの日記はこちらのブログです。
http://cplus.if-n.biz/5000286/

ホームページはこちらです。
http://www.yusen.jp/index.html
[PR]
by today_ohi | 2008-03-28 06:30 | 湧泉 | Comments(0)

腕の角度について考える 2

皆様こんにちは
整体院 湧泉(ゆうせん)です。

昨日の続きです。

僅かな力ですが継続して使う力、キーボードのタイピング自体がそれに含まれると思いますが、今回意識してみたいのは、ノートPCを使うときの腕の角度です。

デスクトップタイプのPCに付属しているキーボードは、サイズも大きく肘から先の腕の形が「ハの字」になってタイピングしていると思います。

しかし、ノートPCのキーボードは大きさも限られているので、

※脇を締めて、どちらかと言えば両腕(肘から先)が平行


になっていませんか?
この脇を締める動作がくせ者で、お身体に更なる負荷を掛けることになります。

体の大きな方であれば、より強く肩が中に入り猫背にもなっている場合があります。
勿論、ノートPCに限らずデスクワークにはありがちな悪い姿勢のですが、“小さくて四角い”キーボードを操作することを考えたときに、より顕著に現れるのではないでしょうか。

仕事中に疲れを感じたら、どこに疲労感があるのかご自身の身体を確認してみましょう。
脇の下を中心にした、身体の側面(胸の脇、上腕の内側)は平気でしょうか。

仕事中のリフレッシュとして、肩を回す、首を回すなどの運動以外にも、

・背伸びをする
・体側を伸ばす
・(手を身体の後ろで組んで)胸を張る

などのストレッチを組み込む
と、スッキリ感もアップすると思います。

【注意】
※必ず少しずつ伸ばしてください(一気には持って行かないでください)。

↑大事な考え方なので稿を改めてアップしてみたいと思います。


ご質問がございましたらお気軽にどうぞ。 (^^)/
いつもの日記はこちらのブログです。
http://cplus.if-n.biz/5000286/

ホームページはこちらです。
http://www.yusen.jp/index.html
[PR]
by today_ohi | 2008-03-26 06:13 | 湧泉 | Comments(0)

腕の角度について考える

皆様こんにちは
整体院 湧泉(ゆうせん)です。

お身体に疲労や、ハリ・コリなどを感じたときには、

「何か力仕事をしたかな~」

と、お考えになる方も多いと思います。
また、デスクワークなどが主なときに疲労や、ハリ・コリを感じたときには、

「そんなに力仕事をしていないんだけどな~」

と、お考えになる方もいらっしゃると思います。

これは、肉体労働など力を激しく使うものが、疲労感やコリ・ハリの主な原因として考えているからだろうと思います。

疲労感やコリ・ハリの原因や遠因などには、大きな力を使う以外にもいくつか考えられることがあり、その内の一つに姿勢の固定があります。

例えば、今右手にペンを持って肘から先を僅かでよいですから、机から浮かしてください。
はい、降ろしてください。
僅かな時間なら全くと言って良いくらいに身体に負担がかかりません。

では、次は肘を僅かでよいですから上げた状態で1~2分そのままにしてください。
肩(三角筋)などに疲労感が残りませんか?

僅かな時間でも長時間にわたって使う力は、コリやハリなどの原因となります。

キーボードを叩く姿勢は、肘の曲がり方といい、手首の返し方といい後者の

※僅かな力ですが長時間使う力

の典型だと思います。

その中でも特にノートPCに注目してみたいと思います。

続きは次回にアップさせていただきます。


ご質問がございましたらお気軽にどうぞ。 (^^)/
いつもの日記はこちらのブログです。
http://cplus.if-n.biz/5000286/

ホームページはこちらです。
http://www.yusen.jp/index.html
[PR]
by today_ohi | 2008-03-25 11:07 | 湧泉 | Comments(0)

お詫び

皆様こんにちは
整体院 湧泉(ゆうせん)です。

本日は既にご予約の照会があり、これから昼過ぎまでの出張があるので、

いつもの更新ができません。


申し訳ございませんが、よろしくお願いいたします。



ご質問がございましたらお気軽にどうぞ。 (^^)/
いつもの日記はこちらのブログです。
http://cplus.if-n.biz/5000286/

ホームページはこちらです。
http://www.yusen.jp/index.html
[PR]
by today_ohi | 2008-03-24 10:05 | 湧泉 | Comments(0)

お茶菓子です

皆様こんにちは
整体院 湧泉(ゆうせん)です。

湧泉(ゆうせん)では施療後にお茶(凍頂烏龍茶or紅茶)をサービスさせていただいています。
一口ですが、お茶菓子も合わせてお楽しみいただいています。

いつもは干菓子が多いのですが、たまには気分を変えて焼き菓子を用意してみました。
今回はゴディバのクッキーです。
d0019406_495384.jpg

お楽しみください


ご質問がございましたらお気軽にどうぞ。 (^^)/
いつもの日記はこちらのブログです。
http://cplus.if-n.biz/5000286/

ホームページはこちらです。
http://www.yusen.jp/index.html
[PR]
by today_ohi | 2008-03-23 04:11 | 湧泉 | Comments(0)

キーボードの位置を考える

皆様こんにちは
整体院 湧泉(ゆうせん)です。

デスクとPCとの位置関係が、肩や首の負担に影響を与えます。
ブラウン管ディスプレイが主流の時は、場所を取るためデスクの端に置いてあることが多く、当たり前のように首を横に向けて作業をしていました。
キーボードは身体正面、ディスプレイは横に置いてある形です。

現在はノートパソコンや液晶モニターの普及によって、自分→キーボード→ディスプレイが一直線に並ぶようになりました。
そこだけを考えると“身体に優しい”配置なのですが、もう少し細かく考えてみましょう。

肩・首・背中などのハリやコリでも、

“肩胛骨の下部、あるいは、背中の真ん中辺or若干上部の背骨の両脇”

ぐらいの位置が辛くなる方がいらっしゃいます。

コリやハリ、痛みなどの原因・遠因などは、沢山あるので一概に疲労だけではくくれませんが、シンプルな筋肉疲労としたときに、お客様に共通しているのは、

※自分とキーボードとの間に、資料などが置いてある
    ↓
ピアノを弾くように、手が自然な形で前に出したところにあるのではなく、何かをまたぐようにして少し先にあるキーボードを叩いている

状態です。

“エア・タイピング”をしてみましょう。
ご自身が一番楽な形で腕を伸ばして、タイピングの姿勢を取れば、肘を曲げて腕を持ち上げるので肩(三角筋、僧帽筋)、頭を前傾させるので首、などに負担がかかると思います。
そのままの姿勢で、少し遠くにキーボードがあると思って腕だけ伸ばしてみましょう。

負担がかかる位置が変わらないでしょうか?

今までの肩、首以外に、背中の真ん中辺が腕を支えるために力が入っていると思います。

こういった積み重ねも、コリやハリの一因になると思います。

いくつか気のついた点があるので、アップしてみたいと思います。
(明日はお茶菓子の話題です m(_ _)m)


ご質問がございましたらお気軽にどうぞ。 (^^)/
いつもの日記はこちらのブログです。
http://cplus.if-n.biz/5000286/

ホームページはこちらです。
http://www.yusen.jp/index.html
[PR]
by today_ohi | 2008-03-22 07:05 | 湧泉 | Comments(0)

世田谷美術館にて

皆様こんにちは
整体院 湧泉(ゆうせん)です。

3月5日にアップさせていただいた個展の追加情報です。
いよいよ、20日(日)までになりました。

昨日、世田谷美術館に行って参りました。
実際に会うのは10年ぶりでしたが、人の良さが出ている笑顔は相変わらずでした。
作品の中にも彼の優しさが出ていると思います。
優しさの中にも、ちょっとシニカルなものを感じるのは人生経験の結果でしょうか。
美術館は雰囲気も良く、彼の気合が行き渡っている和みの中にも凛としたものを感じる空間でした。

↓写真は彼の快諾を得て掲載させていただいています。ありがとう。
d0019406_450483.jpg

↑東京国際ファンタスティック映画祭に応募。
タイトル「女子高生リエのファンタスティックな一日」
佳作賞。

d0019406_4522076.jpg

↑同期の養護施設立ち上げ時に食堂に飾るように作成。七福神です。
元気が出る、にらまれているようだ、などの賛否両論を巻き起こしました。


その他、多数の作品が展示されています。
皆様、お時間がありましたら、お立ち寄りください。

・世田谷美術館
http://www.setagayaartmuseum.or.jp/


・世田谷美術館アクセス
http://www.setagayaartmuseum.or.jp/mguide/access.html#



ご質問がございましたらお気軽にどうぞ。 (^^)/
いつもの日記はこちらのブログです。
http://cplus.if-n.biz/5000286/

ホームページはこちらです。
http://www.yusen.jp/index.html
[PR]
by today_ohi | 2008-03-21 04:57 | 湧泉 | Comments(0)