<   2007年 06月 ( 26 )   > この月の画像一覧

お知らせ

皆様こんにちは
整体院 湧泉(ゆうせん)です。

大変申し訳ございませんが、本日は勉強会への出席がありますので

臨時休業させていただきます


ご不便をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

ご質問がございましたらお気軽にどうぞ。 (^^)/
いつもの日記はこちらのブログです。
http://cplus.if-n.biz/5000286/

ホームページはこちらです。
http://www.yusen.jp/index.html
[PR]
by today_ohi | 2007-06-30 05:23 | 湧泉 | Comments(0)

二周年のチラシです

皆様こんにちは
整体院 湧泉(ゆうせん)です。

7月~8月末日をオープン二周年記念を行います。

60分:¥4,980
40分:¥3,500



いずれも、初見料無料
期間中なら、何回でも上記のお値段で施療させていただきます!

この機会に是非ご利用ください。

d0019406_734440.jpg

水曜日(27日)には第一陣として、大井四丁目を中心にチラシを配布いたしました。
これからしばらくは、大井町各所でチラシを撒かせていただきます。
よろしくお願いいたします。

ご質問がございましたらお気軽にどうぞ。 (^^)/
いつもの日記はこちらのブログです。
http://cplus.if-n.biz/5000286/

ホームページはこちらです。
http://www.yusen.jp/index.html
[PR]
by today_ohi | 2007-06-29 07:34 | 湧泉 | Comments(0)

アイシングは面倒くさいですか?

皆様こんにちは
整体院 湧泉(ゆうせん)です。

昨日の続きです。

例えば、一日中マウスを使用して手首や肘が重くなったとき、アイシングをしてみませんか。
もちろん、痛みなどがひどいときはお医者様を受診して、状況を確認するのが一番です。
そこまでいかなくても、日常で出来る簡単なケアとして考えてみましょう。

きちんとやろうとすれば、時間や冷やし方、機材など諸条件があり大変に思うかもしれません。
しかし、ちょっと冷やしておくだけなら、家庭用のビニール袋で充分です。
翌日の感じが全然違ってきまよ。
それが気に入れば、もっとしっかりやってみるのも良いと思います。

準備は氷袋を用意するだけです。

1.氷袋を作る
・ビニール袋を二重にして、中に氷と少量の水を入れる。
・空気を抜いて、口を結わく。
・その時に、平たくなるように結ぶ場所を上の方にするのがコツ。
(冷やしたいところに、隙間無く乗せたいため)

2.そして、テレビでも見ながら10分ほど疲労したところに乗せてください。

最長でも20分【重要】。

それで終了!

テレビで見るような、専門的な氷嚢や、包帯などで固定などしなくても良いと思います。
取りあえずは乗せておくだけ。
これから熱くなりますし、氷袋を当てる感覚の、

「く~~~っ、冷たい~ (>_<)」

はクセになります(笑)。
一度お試しください。


注意!
※乗せたところの感覚が無くなってきたら、時間に関係なくすぐに外してください。
※凍傷予防のため、氷を直接乗せるなどはしない。
家庭用の冷凍庫でも0度以下になっているため、一度水通しをするなどして使用してください。
保冷剤などは特に注意が必要です。
※乗せたままで寝込まないこと

ご質問がございましたらお気軽にどうぞ。 (^^)/
いつもの日記はこちらのブログです。
http://cplus.if-n.biz/5000286/

ホームページはこちらです。
http://www.yusen.jp/index.html
[PR]
by today_ohi | 2007-06-27 07:10 | 湧泉 | Comments(0)

“テニス肘”ではなく、“マウス肘”です

皆様こんにちは
整体院 湧泉(ゆうせん)です。

テニスには“テニス肘”と言われる障害が発生するときがあります。
手首にかかる負担が、ヒジやその周囲の筋肉や腱に炎症などを起こします。
怠さや、握ったとき、捻ったときに痛みを感じます。

日常手をよく使う方にも同様な症状が多く、PC作業、チェッカー、ピアニスト、主婦など多岐に渡るようです。
施療院にお見えになるお客様も、事務関係の方に同じような痛みの訴えが多いようです。
テニス肘と事務関係の方の状態を比べると、大きい負荷ではなく、小さい負荷が継続してかかっている状態です。
そして、角度は大きくありませんが確実に『手首が返って』いる状態。

 マウス肘 と呼びたくなります!

テニスのように一球、一球、強いインパクトが無くても、小さな負荷でも継続されれば、体に不都合が引き起こされます。

また、特に痛みはなくても、施療の時にリクエストいただければ、

三角筋(肩)⇔肘⇔手首⇔掌

などをじっくりと解していきます。


特に上腕部では“響く”場所が多く、イタキモの心地良さを味わってください。
腕が軽くなりますよ!


指先の冷える方にも喜ばれています。

よろしかったらお試しください。

ご質問がございましたらお気軽にどうぞ。 (^^)/
いつもの日記はこちらのブログです。
http://cplus.if-n.biz/5000286/

ホームページはこちらです。
http://www.yusen.jp/index.html
[PR]
by today_ohi | 2007-06-26 12:08 | 湧泉 | Comments(0)

腰痛体操を考える

皆様こんにちは
整体院 湧泉(ゆうせん)です。

腰痛体操やストレッチなどを、コツコツ続けていらっしゃる方も多いと思います。
身体を捻ったり、腰を回したりなど、腰部の筋肉を動かすことが中心になっていませんか?
それだけでも気持ちの良いものですが、もう少し視野を広げて考えてみましょう。

腰痛体操の書籍やネット情報など、ほとんどのものには腰部の運動だけではなく、下肢や背中の運動(ストレッチ)が含まれていますが、時間の都合や、手間などを考えて、腰部の運動以外を割愛している方もいらっしゃると思います。
腰痛の原因は多岐に渡り、一概には言えないのですが、体操として腰部を解していくときには、そういった周辺の筋群を伸ばしたり解したりすることも、重要な運動なのです。

例えば、腰を曲げたときに、ふくらはぎや太股の裏側の筋肉が固いと、腰部の筋肉だけが伸ばされるようになり、その部分の負担が増えるようになります。
背中の上部や股関節の周辺、腹筋などが固いと、同じように腰部だけに負担がかかるようになります。
これらの累積が腰痛を引き起こしている場合も多いのです。

腰部が伸びればそれで終わりではなく、前後の筋群もしっかりと解してあげて、

「全体が良く伸びているからこそ、全体がスムーズに動く。そして、腰部にかかる負担も軽減できる」

このようなイメージを持って運動すると、良いのではないでしょうか。

施療を行うときも同じで、腰を解すのに対して、腰部だけでは不十分と考えています。
背中や下肢、大臀筋・腹筋など、前後、上下の筋群の状態も視野に入れて、様子を見ていきます。

腰痛なのに、何故ふくらはぎを解すのか?
腰痛なのに、何故最初から腰に触れないのか?

施療の際に説明させていただいていますが、全体的にはこのような考え方に基づいております。

ご質問がございましたらお気軽にどうぞ。 (^^)/
いつもの日記はこちらのブログです。
http://cplus.if-n.biz/5000286/

ホームページはこちらです。
http://www.yusen.jp/index.html
[PR]
by today_ohi | 2007-06-25 07:59 | 湧泉 | Comments(0)

骨盤の歪みについて 2

皆様こんにちは
整体院 湧泉(ゆうせん)です。

昨日の続きです。

骨盤の歪みは、ご自身でも調整可能です。
一つは、昨日アップしたような生活習慣や、作業環境の見直しなどを行い、身体に偏った負担がかからないようにすること。
もう一つは、更に積極的に『骨盤体操』など、歪みを整える運動を行います。

ただし、ハリやコリ、痛みの原因には色々な要素が考えられます。
運動が全てを保証してくれる訳ではありません。
お医者様の受診も含め、参考図書などにも書いてあるであろう、注意をよく読んで実践してください。


書店に行けば、イラストや写真など豊富な種類が出版されています。
DVDなどの動画でかいせつしてあるものも。

参考図書の選択基準としては、運動の現場で見るを想定して選びましょう。

・ページを、大きく広げやすいもの
・自分が理解しやすいイラストや、図版が豊富
・あまり厚さがないもの
・運動以外の解説は少なめに
(解説が多いのは、運動時に使用するテキストとしては使い勝手が悪い)


実際に運動をすることにより、骨盤が整うだけではなく、腰部及び腰部周辺の筋群などが刺激を受けて、ハリやコリの解消の一助にもなると思います。
一度チャレンジしてみては如何でしょうか。

(それでも、第三者に外から施療されるのは気持ちの良いものです。施療院にも忘れずにおいでください (^^;))

ご質問がございましたらお気軽にどうぞ。 (^^)/
いつもの日記はこちらのブログです。
http://cplus.if-n.biz/5000286/

ホームページはこちらです。
http://www.yusen.jp/index.html
[PR]
by today_ohi | 2007-06-24 11:11 | 湧泉 | Comments(0)

骨盤の歪みについて

皆様こんにちは
整体院 湧泉(ゆうせん)です。

整体の施療は、身体各部の歪みを整えることが中心になります。
そのなかでも、身体全体のバランスを考えると、骨盤が重要になってきます。

実際にお客様のお身体を診てみると、ほとんどの方に歪みが確認できますが、人間は図面を引いたように出来ているわけではないので、歪み自体は驚くものではないのです。

それでは、歪んだ状態を放置しておくとどうなるでしょう?
極端に大きく歪んでない限りは、すぐには悪い影響はでません。
しかし、長い目で見れば、小さな歪みでも身体には良くないでしょう。
バランス良く分散されるべき身体の重量が、何処かに偏ってしまい、それが内臓や関節に悪い影響を与えると考えています。

歪みの原因は、悪い姿勢の習慣化によって骨格の変異が成されることだと思います。
以下は、何気ない動作の中にある『悪い姿勢』を箇条書きにしてみました。
(これが全てではありませんが、代表的なものです)

・足を組んで椅子に座る
・腰を前に出して椅子に座る
・同じ側の手で荷物を持つ
・同じ姿勢を長時間とる
・片方の足だけに体重をかけて立つ
・前かがみになる
・肩が前に出る
・足を深く重ねて正座をする
・その他


それでは、何がこのような姿勢を形成させるのか?

・クセ
・家庭、職場などでの作業環境


多くはこの二点だと思います。
それ以外としては、事故やケガなど、急激な外力によるものも原因となります。
つまずくなどして、片足を前に出して強く踏ん張るなどの行為でも、歪みが出る場合もあります。

『悪い姿勢』だけを矯正するのではなく、遠因として存在するクセや環境などを、見つめ直すことも重要です。

この話題はもう少し続きます。

ご質問がございましたらお気軽にどうぞ。 (^^)/
いつもの日記はこちらのブログです。
http://cplus.if-n.biz/5000286/

ホームページはこちらです。
http://www.yusen.jp/index.html
[PR]
by today_ohi | 2007-06-23 07:00 | 湧泉 | Comments(0)

BGMも楽しみにしてください

皆様こんにちは
整体院 湧泉(ゆうせん)です。

整体院に流れるBGMも、施療全体を考えたときに大事な要素になると思います。

BGMを変えることにより雰囲気もがらりと変わります。
その日の気分や天気など、イメージを楽しみましょう。



現在のラインナップは、
・クラシック(大バッハを中心にバロックを集めました)

・民族音楽(ガムラン、シタール、アンデスのフォークロアetc)

・ハワイアン(ウクレレ、スチールギター、歌唱、夏の施療にはまります。民族音楽から独立させて集めています)

・ジャズ(サチモ、エラなどのオールデイズ)

・70~80年代の洋楽(“ポップ・ロック”心地良く聴けてノリも良い、ベストヒットUSAで聴いたような懐かしい曲)

ディープなサウンドとして、リクエストのあったものも集めてみました。
・ヘビーメタル(聴く人を選びます。好きな方にはたまらない!)

・東宝、円谷関係(伊福部先生、最高です! あの星雲からやってきた兄弟も)

・アニメーション(懐かしいものが多く、隠れファンが多数いらっしゃいます。意外でした)

・映画サントラ

その他、お客様がお気に入りのCDもご自由にお持ちください。
※音量はあまり大きくできません。ご了承ください。

お好きな音楽をBGMにして、身体も心もリラックスしてください。
お待ちしております!

ご質問がございましたらお気軽にどうぞ。 (^^)/
いつもの日記はこちらのブログです。
http://cplus.if-n.biz/5000286/

ホームページはこちらです。
http://www.yusen.jp/index.html
[PR]
by today_ohi | 2007-06-22 08:19 | 湧泉 | Comments(0)

盛り上がりましょう! 格闘技談義!!

皆様こんにちは
整体院 湧泉(ゆうせん)です。

スポーツを楽しんでいらっしゃる方は沢山いると思いますが、その中でも格闘技や武道に親しんでいる方、現在でも定期的に稽古をされている方は、それほど多くありません。
施療院にお見えになるお客様にも、その比率は当てはまるようです。

ですから!

「格闘技をやっています」

と言われると嬉しくなってしまいます。

格闘技界にそれほど精通している訳ではないので、団体名や流派などはよく分かりませんが、技術的な話や“鍛え方”など、私なりの切り口でお話しできると思います(^_^)v。
小学校六年生で柔道を始めて、数年間のブランクはありましたが、現在では空手と合気道の稽古及び指導をさせていただいています。
道着人生、延べ30年。
実技も含めた、私の話し相手をしてやってください。

追伸:
先日お見えになった、グランド(サンボ・柔道・レスリング系)の格闘技をやっているお客様に、つい熱が入り、
「こんな極め方もあるのですよ」
と、初めてまだ2年の方に対し、デモンストレーションではなくタップを取ってしまいました。
ゴメンナサイ。

(習慣として、ゆっくりと技をかけますが、タップがないと終われないのです…汗)

当然ですが、誰彼かまわずやっているわけではありません。
安心して、話題を振ってくださいね。
お待ちしています!

ご質問がございましたらお気軽にどうぞ。 (^^)/
いつもの日記はこちらのブログです。
http://cplus.if-n.biz/5000286/

ホームページはこちらです。
http://www.yusen.jp/index.html
[PR]
by today_ohi | 2007-06-20 12:15 | 湧泉 | Comments(0)

盛り上がりましょう! 筋トレ談義!!

皆様こんにちは
整体院 湧泉(ゆうせん)です。

整体の施療だけではなく、筋トレのノウハウなどもお話しさせていただいています。
運動を始めたい方、初心者の方に対しても、レベル(体力)に合わせた内容を心がけています。

・筋トレやストレッチへの考え方
・具体的な運動方法
・注意すべき点
・ジムや道場の選び方(立地条件なども含)
・気持ちの持ち方
・その他
お伝えできることはたくさんあります。

先日もお客様から、
「握力をつけたいのですが…」
と質問を受けました。

・職場環境
(スカート or ズボン、動ける or 動けない シューズ or サンダルetc)
・住宅事情
(一人暮らし or 複数、バタバタできる or できないetc)
・どのタイミングで運動をするのか
・器具を使う or 使わない
・激しく or ソフト
・etc

尋ねることは沢山あります、それぞれの状況の中で、色々な方法があります。
具体的なやり方を“あれもこれも”と話すだけでは物足りなくて、実際に運動をして貰ってそのフォームに対してコメントを付けるていると、

「何でもよく知っていますね~ メモメモ((φ(・д・。)ホォホォ 」

と嬉しそうにお話しになりました。

「~を予防するための運動」とは少し違いますが、「~を強くしたい、~を鍛えたい」方もご遠慮なくお尋ねください。

ご質問がございましたらお気軽にどうぞ。 (^^)/
いつもの日記はこちらのブログです。
http://cplus.if-n.biz/5000286/

ホームページはこちらです。
http://www.yusen.jp/index.html
[PR]
by today_ohi | 2007-06-19 12:06 | 湧泉 | Comments(0)