<   2006年 10月 ( 38 )   > この月の画像一覧

整体院 湧泉(ゆうせん)です

皆様こんにちは

 「施療の実際」

ここ数日の書き込みにちょうど合うような事例が昨日にありました。

隔週でお見えになっているお客様と施療後に、次回の日時を聞いてみると、
「おかげさまですっかり軽くなりました。今度はもう少し感覚を開けてみたいのですが」
と話してくれました。


最初にいらしたときの主訴は、右膝から足先へのしびれ感、右手(人差し指)のしびれ感、肩こり、腰痛、全身の倦怠感など。身体を使う仕事なので、非常に疲れているとのことでした。
施療時間は60分が妥当だと考え、週1で4回。
4回目の時に、大分楽になったとお話しされたので、
「では、隔週で様子を見ましょう」
として、2回目が昨日でした。
それであれば、今度は月に1回のペースで施療し、その間でも疲れを感じるようならいつでもご連絡くださいと、お話しさせていただきました。
お客様は月に1回ではまだ不安だとお話しになり、取りあえず3週間後にご予約を入れてくださいました。
ありがとうございます。

仕事を続けることは疲労の再生産をすることだと思います。
しかし、最初の主訴が軽くなったとしたら、間隔も開けていき、お身体のメンテナンスとしてのご利用が良いと考えています。
「楽になったから、しばらく来なくても良いんだよな~」
などが話しやすい雰囲気であり、
お客様の状態に合わせた計画を提案し、ご判断いただいています。

ご質問がございましたらお気軽にどうぞ。
いつもの日記はこちらのブログです。(^^)/
http://cplus.if-n.biz/5000286/
[PR]
by today_ohi | 2006-10-31 09:55 | 湧泉 | Comments(0)

整体院 湧泉(ゆうせん)です

皆様こんにちは

 「“雰囲気”も大事にしています」

“話しやすい雰囲気”により何が違ってきたか。
「こんなことが不安でした」などのお話しを、聞かせていただけるようになったことです。
曰く、
・痛くされるのでは
・結果がでないのでは
・オプションがつけられてあっという間に高額になるのでは
・なにか健康関連商品を売りつけられるのでは
・次回予約をしつこく言われるのでは
・回数券など法外な値段を要求されるのでは


その他、一対一の施療なので男女を問わず、不安を持たれるお客様もいらっしゃいます。
実際に良くないお店に遭遇された方も多く、ご紹介いただいても心の中に不安を抱いてご来院されるようです。

“話しやすい雰囲気”とは、「真剣だけれども、お気楽な感じ」と考えています。
お気楽だからこそ「この点が不安」などを気軽に話していただける。
それに対して、「ご安心ください (^^)/」と真摯にお答えいたします。
身体が軽くなる、だけではなく心の中の警戒心も外していただけるような、施療環境を目指しています。

ご質問がございましたらお気軽にどうぞ。
いつもの日記はこちらのブログです。(^^)/
http://cplus.if-n.biz/5000286/
[PR]
by today_ohi | 2006-10-30 05:48 | 湧泉 | Comments(0)

整体院 湧泉(ゆうせん)です

皆様こんにちは

 「会話について考える 2」

製薬会社に勤めている知人から聞いた話です。
彼は臨床に関連する業務をしています。
「ドクターの態度や言葉使いも、結果へのバイアス(かたより)の要因となりうる」
と話してくれました。

つまり、同じ事をドクターが被験者に質問しても、高圧的(怖そう・厳しそう)な先生と、柔和な先生では結果が変わることもあるそうです。
やはり、怖そうな先生に対しては話しづらく、柔和な先生には比較的オープンに話せるそうです。
「いかがですか?」
の問いかけへの答えも違ってくるそうです。

(そういったバイアスを防止するため、被験者数を多くしたり結果の解析をしっかりしています)

ひるがえって私はどうなのか?
おかげさまで大きく、ごつく、スクスク成長いたしました。
(最近は心身ともに丸くなり、人間的な器が大きくなったと自分では主張しています (^^;))
身体は縮まないので、笑顔と話し方に注意して高圧的な印象にならないように注意しています。

笑顔で話しかける、語尾を強くしない、自分の主張の前にまずはお話しを伺う、など“話しやすい”だけではなく、気持ちもなごむ(ストレスを感じない)雰囲気を重視しています。

そして、これらの注意点が整体院への不安感を払拭することにもつながりました。
↑次回にアップさせていただきます。

ご質問がございましたらお気軽にどうぞ。
いつもの日記はこちらのブログです。(^^)/
http://cplus.if-n.biz/5000286/
[PR]
by today_ohi | 2006-10-29 06:53 | 湧泉 | Comments(0)

まかないや 大森海岸店

d0019406_5281141.jpg
d0019406_5282185.jpg
d0019406_528306.jpg
          大根の煮物ふかひれスープ
          生牡蠣4年もの 2個 
          ほうぼうのお刺身 

ごめんなさい。
本日、値段表が手元にない。
牡蠣とお刺身は800円くらいだったかと…。
[PR]
by today_ohi | 2006-10-28 17:00 | まかないや | Comments(0)

整体院 湧泉(ゆうせん)です

皆様こんにちは

 「会話について考える」

以前、お客様からこんな話を伺いました。
・施療院A
あそこは、ずーっと喋っている。
せっかくリラックスして気持ち良くなっているのに、話しかけてくれたら返事しなければ悪いので、気になって休まらない。

施療院B
あそこは一言も喋らず、難しい顔をして施療をしている。
せっかくリラックスして(気持ち良くなっているから)話しかけようとしても、申し訳なくて声もかけられない。

どっちなんですかぁぁぁぁぁ…、(^^;)
施療院A・Bに対するお客様のご感想は、その時のお体の状態から出てくる正直なものだと思います。
どちらのスタイルが良いのか?
ではなく、あまり堅く考えずにケースバイケースを心がけています。

「あの施療院は会話も楽しく、元気をもらえる」
「あの施療院は静かで落ち着ける。気持ちが休まる」

相反する意見のようですが、“お客様にご満足いただくこと”と考えれば、同じものであると思います。
お客様の状態を診ながら判断し、どのようなときでも対応できる、理想の環境作りを目指しています。
そうなんです、会話も大事な施療環境の一要素なのです。

ご質問がございましたらお気軽にどうぞ。
いつもの日記はこちらのブログです。(^^)/
http://cplus.if-n.biz/5000286/
[PR]
by today_ohi | 2006-10-28 05:39 | 湧泉 | Comments(0)

整体院 湧泉(ゆうせん)です

皆様こんにちは

 「会話とリラックス」

以前「~ 施療内容・目的によっては、全く話さないときもありますが、 ~」と書かせていただきました。
それはどのようなときなのでしょうか?

湧泉(ゆうせん)にお見えになるお客様が、訴えるお悩みの中には、

・楽になりたい、リラックスしたい、スッキリしたい

といった、具体的に**が痛いとは違う希望もございます。

ここにしっかりと考えなければいけないポイントがあります。
・肉体だけの疲労なのか
・心のストレスはどうなのか


“心がパンパン”の時は、手と同時に会話も積極的にさせていただき、“溜まった”お話しを聞かせていただきます。
このようなときに、「待合いのないプライベートな空間」が生きてきます。
思いっきりお話しください!

(私のデリカシーのない体育会系ジョークも華を添えます (^^;))

“疲れ切ってグッタリ”のときは、お客様が会話を意識してしまうよな話しかけは一切行わず、ひたすら無言です。
・じっくりと、あるいは柔らかく浸透していく圧力
・アロマの香り
・落ち着くBGMと水音

などで、お客様ご自身の開放感をサポートいたします。

いずれも、スッキリした、深くリラックス出来た、など好評をいただいております。

なにぶん、人と接するのが好きで整体を続けている私です。
どちらかと言えば、話してしまう方なので、
「今日は静かにリラックスしたいな~」
と思うようでしたら、ご遠慮無しにおっしゃってください。

(↑次回はこの点に関して書いてみたいと思います)

ご質問がございましたらお気軽にどうぞ。
いつもの日記はこちらのブログです。(^^)/
http://cplus.if-n.biz/5000286/
[PR]
by today_ohi | 2006-10-27 10:37 | 湧泉 | Comments(0)

新たなアイテム

この秋に新しく、ヘアケアアイテムを入荷しました。

アリミノ‘スパイスフィール オイルゲル” ¥2625

いままであったスパイスウォーターにかわる物としてあらたにラインナップしました。

なかなか、かわいいパッケージでいいでしょ!
まだ、正直これっていえるポイントはみあたらないんですが、手触り匂いともに
サイコーですよ。

ん?これでいいのか・・・

アリミノHP
http://www.arimino.co.jp/spicefeel.htm
d0019406_0531996.jpg

[PR]
by today_ohi | 2006-10-27 00:55 | est | Comments(0)

整体院 湧泉(ゆうせん)です

皆様こんにちは

 「LOHASについて」

この仕事をしていると、色々な“優しさ”をお話しされる方と接する機会が多くなります。
個人的な心身の調整だけではなく、対人関係、環境やライフスタイルなどにも、視野を広げていらっしゃる方が近年は増えてきました。
昨年ぐらいから見聞きする言葉に「LOHAS(ロハス)」があります。
「 Lifestyles of Health and Sustainability の頭文字をとった略語で、健康を重視し、持続可能な社会生活を心がける生活スタイル」
となっています。
シニカルに捉えた批判も出来ますが、個人的には大変良い概念だと思っていました。と、同時にあまりにも綺麗すぎるマスコミなどの取扱に、ある種のうさんくささも感じておりました。
http://mscience.jp/nolohas.htm
LOHASに対する批判的な記事です。
長文ですが、各状況や問題点が要領よく書かれています。

当然、上記の記事も作者のバイアスが掛かっていると思います。
それを踏まえて、普段目にすることや、そこから喚起されるイメージとは、違う意見や動きもある事を知っておきたいです。
優しそうだから、綺麗な言葉だから、だけで終わらせたくないと思います。

ご質問がございましたらお気軽にどうぞ。
いつもの日記はこちらのブログです。(^^)/
http://cplus.if-n.biz/5000286/
[PR]
by today_ohi | 2006-10-25 10:31 | 湧泉 | Comments(0)

整体院 湧泉(ゆうせん)です

皆様こんにちは

 「こんな稽古もやりました」

施療に会話(意思の疎通)は不可欠のものだと思います。
施療内容・目的によっては、全く話さないときもありますが、基本的には楽しくお話しさせていただいています。
“会話の意味”などの、総論・各論的なものは機会を見てアップするとして、今回は、少し別のお話です。

開業したての頃です、奥様を施療中にご主人と格闘技の話に熱中してしまい、気がつくと奥様を、「イタイ、イタイ」と言わせておりました。
口も手も両方動かしているつもりだっただけに、結構ショックでした。
今から思えば当たり前のことですが、
「それなりの力で押圧していれば良いものではない。自分の気持ちの盛り上がるなどに引きずられないように注意せねば」

それからです。複数名の知人にお願いして、会話の盛り上がりと施療具合の変化を確認してみたのは。
施療前半はとりとめのない世間話、後半は私が盛り上がるような話、を積極的に話しかけてもらいました。
結果は、
・何気ない世間話(天気や世相など)のときは普通に施療できているが、自分の興味が有る話だと(話が乗ってくると)、圧が強くなったり、回転などピッチが速くなったりする。
でした。
それ以降かなり意識して施療に取り組んでいます。
現在では初期のようなことは無くなりましたが、目指す頂には未だ立てておりません。
お客様の気持ちを和ませるような会話や気持ちの入った応対をしていく、と同時に手はお身体の状況に反応して細かい圧力の調整や、押圧の場所を選定していく。
精進あるのみです。
o(・д´・+)ゞFight!!♪

ご質問がございましたらお気軽にどうぞ。
いつもの日記はこちらのブログです。(^^)/
http://cplus.if-n.biz/5000286/
[PR]
by today_ohi | 2006-10-24 11:40 | 湧泉 | Comments(0)

整体院 湧泉(ゆうせん)です

皆様こんにちは

 「声は届いているか」

自分の考え方や整体の特徴、法的な側面などにより、「断言」することはあまりありません。
しかし、この業界は思いこみの強い方(良くも悪くもです)が多く
・それは骨盤が原因です
・仙骨が原因です
・頸椎がずれているからです
・足の裏が汚いからです
・邪気をもらったからです
・etc
「これさえ好転できれば良くなる」
といった施療になりがちです。

私はといえば、要因は複数であると考えながら
・自分の技術範囲で施療可能なのか
(問診によっては、お医者様で診てもらうこともお話ししています)
・アドバイスとして、日常で簡単に行える体操関係は、どのようなものが有効なのか
などを実践させていただいています。

そのため、ストレッチの方法などは“こうしてください”と話すことは出来ても、
・**病など、私達は診断などをすることが出来ないのですよ
・~であろうと考えられます
・~の可能性は否定できません
などの断定を避ける物になってしまいます。

耳さわりがよいのは、原因を特定して断言することだと思います。また、経営面でも囲い込みが強くできるので有利なのでしょう。

ですが、私の院是とは違います。
自分の施療に自信はありますが盲信はしていません。
「可能性を否定せず」広い視野で実践していきたいと考えています。


ご質問がございましたらお気軽にどうぞ。
いつもの日記はこちらのブログです。(^^)/
http://cplus.if-n.biz/5000286/
[PR]
by today_ohi | 2006-10-23 08:15 | 湧泉 | Comments(0)