上から目線が必要です

皆様こんにちは
整体院 湧泉(ゆうせん)です。

暖かくなり、各種スポーツも大会の季節やビッグ・イベントが始まるようになりました。
お子さんがスポーツをされていれば、そのご活躍や、ひいきのチーム・選手があるならば、成績に一喜一憂するのも楽しいものです。

思うような成績が残せず、“今日は調子が良かったのに…”、と試合後に考えたときはありませんか?
試合は相手がいるものですから、自分一人の調子だけでは計れないものがありますが、指導している側としては、気をつけなければならない落とし穴があるのです。

稽古して試合に出て、また稽古して、と繰り返していく中で調子の波があります。
「ここのところアイツは調子が良いから」、「気持ちが乗っているから」などの言葉は聞いたことがあると思います。
試合当日のアップ時の調子が良ければ、「今日も行けるぜ!」となりますが、調子がよいと身体や気持ちが先走ってしまい、リズムが単調になったり、大きく動きすぎたり、無警戒でどんどん進んでしまったりetc。

普段ならば、犯さないようなミスが出やすいときでもあるのです。

具体的に書くと、格闘技などで言えば、どんどん前に出て攻撃に専念し、防御がおろそかになり鮮やかにやられてしまったり、相手との駆け引きであれば、どんどん走ってしまいリズムが単調になり、そこをよまれてしまったり.

体操などの演技を要求されるものは、身体が動くためにリズムが単調になり、ただ技を披露しいていくだけ、“表現力”がなくなります。

折角の良いリズムや心身のノリを崩したり、止めたくはないのですが、「調子がよいからイケイケドンドン」だけではダメなときもあるのです。
選手の心身の状態はそのままで、しっかりと全体を見てあげることが必要です。
ひいきの選手や、お子さんの試合などを見るときに、試合だけを見るのではなく事前のアップから見ていくけば、身体はいつもよりも動くけれど調子の良さに集中力を欠いていたり、あるいは集中しすぎて周囲が見えていなかったり、

“今日は調子が良かったのに…、なぜ?”の答えがあるかもしれません。


明日は関連したことをアップしてみたいと思います。


ご質問がございましたらお気軽にどうぞ。 (^^)/

いつもの日記はこちらのブログです。
http://cplus.if-n.biz/5000286/

メールは“いつもの日記”ブログの下記URLのページから送信できます。
http://cplus.if-n.biz/5000286/party/1568?sid=c9564f745b76e9c4d5801704a590f979

携帯メールは“いつもの日記”ブログの下記URLのぺーじから送信できます。
http://cplus.if-n.biz/m/blog.php?post_cmd=article&post_blogdir=5000286&post_eid=1709

ホームページはこちらです。
http://www.yusen.jp/index.html
[PR]
by today_ohi | 2009-04-11 08:26 | 湧泉 | Comments(0)
<< 応援と説教 オォープン・ザッ・ドゥアァァーー! >>