整体院 湧泉(ゆうせん)です

皆様こんにちは

 「古代史が好き」

私は歴史が好きです。その中でも特に古代史が好きです。

最近は歴史物に触れる機会が多いので、特に強く思いがつのります。
古代史の中で華々しく活躍する蘇我馬子(蝦夷、入鹿)などは、おじいさんのおじいさんぐらいが武内すくね(漢字発見できず)になっております。
蘇我氏に限らずですが、日本としての黎明期を見ると数代前が神様だったり、神話や説話の人物だったり。
言い切った者勝ちなのか? 
当時の周囲の受け取り方はどうだったのか?
興味はつきません。

もう少し遡って、各地方でクニとしての塊が出来る時代も大変に興味深い。
諸星大二郎が「海神記」で扱っている時代です。
続きを書いてくれないのか。
自室の目につくところに全三巻が置いてあり、常に頭に浮かびます。

「孔子暗黒伝」の東夷篇もストライクゾーンです。

結局そこに話は集約される訳です。
(=´▽`)ゞ イヤァ~

「火の鳥」の黎明編も忘れてはいけません☆
「阿弖流為Ⅱ世」は勘弁してね。
[PR]
by today_ohi | 2006-05-24 07:26 | 湧泉 | Comments(1)
Commented by ohimachi at 2006-05-24 08:47
お願い。

自分の書いた記事に変なコメントついたら削除してネ。
たまにしばらく俺も見られないときあるので〜。

って親父にはそこまでは言いませんから、とりあえず書いて(爆)。
<< フカヒレの姿煮 整体院 湧泉(ゆうせん)です >>